AIライティング Webライター ツール ライティング

【無料】AIライティングツールのおすすめ8選|メリットや機能を解説

AIライティングツールは、ライターの業務をサポートするWebサービスです。記事作成における、本文や見出し、タイトルなどを自動生成してくれます。

AIライティングツールを使うことで、文章作成に関連する業務効率を上げられるため、ライターにとって非常に有用なサービスです。

しかし「どのようなツールがおすすめなのか」と疑問に感じる方もいるでしょう。

この記事では、効率良く文章を作成できるAIライティングツールを8つ紹介していきます。自分に合ったAIライティングツールを選び、業務に活用していきましょう。

無料で利用可能なAIライティングツール8選

文章が自動生成されるAIライティングツールを8つ紹介します。

  • AI Writer
  • Catchy
  • ChatGPT
  • SAKUBUN
  • EmmaTools
  • トランスコープ
  • ブンゴウ
  • Notion AI

いずれも月額制の料金で、機能や使い方もさまざまです。自分に合ったツールを選べるようにしましょう。

AI Writer:キーワード分析からタイトル、見出しの作成も可能なツール

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerは、SEO記事の作成に特化したサービスです。キーワードを入力すると、記事のタイトル、見出し、本文が自動生成されます。文章生成にはChatGPTが使われており、生成される文章の精度は高いです。

また、SEOキーワード分析もできる点が特徴で、入力キーワードの難易度、検索ボリュームなどをレポートで出力可能です。そのため、キーワードを分析しながらライティングを行いたい場合に役立つでしょう。

また、クレジットカードさえあれば7日間無料のトライアルが利用できるため、気になる方は試してみてください。

Catchy:キャッチコピーやタイトル作成も可能なライティングツール

Catchy
出典:Catchy
料金Free:無料
Starter:3,000〜8,100円(税抜)/月
Pro:9,800円(税抜)/月
Enterprise:要お問い合わせ
特徴機能ごとにクレジットを使用し生成する
生成可能な項目は100種類以上
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトCatchy公式サイト

Catchyは広告作成向けのAIライティングツールです。

キャッチコピー、アイデア、セールスレターなど目的に合わせた最適な文章を作成できます。また記事のリライト、短文から長文への修正、長文の要約など、既存の文章を加工する機能も備えています。

さらにメルマガ、プレスリリース、Twitter、企業のキャッチコピーなど細かいテンプレートが用意されており、用途が広いです。テンプレートは、料金プランごとに割り当てられるクレジットを消費して使用します。テンプレートによって1~4クレジットが消費されます。

なお、無料プランは月間で10クレジットが割り当てられるので、1クレジット消費のテンプレートであれば月に最大10回まで使用可能です。

ChatGPT:条件を自由に設定したい方向けのツール

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTは汎用性の高いAIライティングツールです。

記事作成に限らず、指定した条件で文章を生成できます。チャット形式で質問文を入力すると、質問に対して回答が返ってくるという仕組みです。また、質問文に条件を含めることで、より詳細な文章を作れます。

無料版では旧来のGPT3.5、有料版はさらに最新版のGPT4を使えるようになっています。無料で利用したい方はGPT3.5から試してみましょう。

SAKUBUN:100種類以上のテンプレートに対応したライティングツール

SAKUBUN
出典:​​SAKUBUN
料金Free:無料
Personal:3,980円(税込)/月
Standard:9,800円(税込)/月
Enterprise:要見積もり
特徴生成したテキストを再編集してくれる
100種類のテンプレートに対応
文字数制限Free
月10,000文字(GPT-3.5のみ)

Personal
GPT-4:月10,000文字
GPT-3.5:月100,000文字

Standard
GPT-4:月100,000文字
GPT-3.5:無制限

Enterprise
GPT-4:カスタマイズ可能
GPT-3.5:無制限
日本語対応
公式サイトSAKUBUN公式サイト

SAKUBUNは、広い用途の記事作成ができるAIライティングツールです。記事や広告のターゲット像を決めて文章作成が可能な点が特徴です。

例えば、年齢、性別、居住地、職業など個人の属性を指定することで、対象にマッチした文章が生成されます。

また、文字数制限はありますが、期限なしで使える無料プランがあります。SAKUBUNの記事作成の使用感を試したい場合は、登録してみましょう。

EmmaTools:競合調査にも特化したライティングツール

EmmaTools
出典:EmmaTools
料金for Personal:2,178円(税込)/月
for Personal+:6,578円(税込)/月
for Team:27,500円(税込)/月
for Team+:63,800円(税込)/月
※14日間の無料トライアルあり
特徴KW分析・競合調査をしながら執筆できる
文字数制限for Personal:月5本まで
for Personal+:月10本まで
for Team:無制限(分析機能は利用不可)
for Team+:全機能を利用可能
日本語対応
公式サイトEmmaTools

EmmaToolsは、SEO記事作成向けのAIライティングツールで、次の機能が利用できます。

  • キーワード分析
  • 記事構成作成
  • 文章作成
  • キーワード順位
  • リライト

ブログやオウンドメディア記事などSEO対策が必要な文章の作成に適しており、構成からリライトまでをサポートしています。上位表示に向けた記事のスコアリングやリライト提案など、日々のサイト運用業務をサポートもサポートしてくれる点が特徴です。

トランスコープ:画像の文章化や文字起こしにも対応したライティングツール

トランスコープ
出典:トランスコープ
料金Free:無料
Basic:11,000円(税込)/月
Pro:38,500円(税込)/月
Enterprise:66,000円(税込)/月
特徴画像の文章化や音声の文字起こしにも対応
文字数制限Free:4,000文字​​まで
Basic:50,000文字まで/月
Pro:250,000文字まで/月
Enterprise:66,000まで/月
日本語対応
公式サイトトランスコープ

トランスコープは、SEO記事や社内文書の作成に特化したAIライティングツールです。

ビジネスよりの文章作成に向いており、内部には最新のGPT4が利用されています。また、SEOのキーワード分析機能も備えており、重要キーワードの確認やSEOに強い文章作成が可能です。

なお、無料プランでは少量の記事作成やキーワード分析が1週間限定で使用できます。お試しで利用してみて、本格的に使用したいならBasicプランに移行しましょう。

ブンゴウ:シンプルな機能を利用したい方向けのライティングツール

ブンゴウ
出典:ブンゴウ
料金ライト:2,700円(税込)/月
スタンダード:4,800円(税込)/月
プレミアム:9,800円(税込)/月
特徴クレジット制で様々な機能を利用可能シンプルに利用したい方向け
文字数制限ライト
生成ツール使用回数 100回/月

スタンダード
生成ツール使用回数 250回/月

プレミアム
生成ツール使用回数 無制限
日本語対応
公式サイトブンゴウ

ブンゴウは、記事作成に特化したAIライティングツールです。記事のタイトル、キーワードを入力すると、見出しや本文を出力できるようになっています。

似た内容になりがちな見出しや文章も、バリエーションが豊富で他ツールと被らないような工夫がされています。

なお、ブンゴウは1世代前のGPT3が使われており、他のAIライティングツールに比べて文章生成の精度はやや劣ります。ただし、豊富な文章パターンを備えているため、記事構成や文章の書き始めなど1から書くときにも有用なツールです。

Notion AI:「Notion」のドキュメントで作業している方向けのツール

Notion AI
出典:Notion AI
料金10ドル/月
※無料トライアルあり
特徴「Notion」のツール上で文章を生成する
校正や文法チェックなども可能
文字数制限なし
日本語対応
公式サイトNotion AI公式サイト

Notion AIはNotionに付属するオプションで、文章作成をサポートするツールです。Notionはタスク管理、スケジュール管理、メモ帳などに使えるツールです。

Notion AIは、文章で指示を与えるとブログ記事、アイディアなど用途に応じた文章を作成します。

また、文章を要約したり、記事のボリュームの調整が可能です。無料では500回まで使えるため、充分に使用可能です。

AIライティングツールで利用できる機能

AIライティングツールでは下記の機能を利用できます。

  • キーワード分析、競合調査
  • タイトルの生成
  • 見出しの生成
  • 長文の執筆
  • 記事のリライト

生成機能は、文章を一から作るものと、既存文章の修正の2種類に分かれます。

キーワードの分析、競合調査

AIライティングツールでは文章作成だけでなく、キーワード調査を行う機能を備えているものもあります。一部のツールではSEO記事を書くためのキーワード調査と、分析が可能です。

AI Writerのキーワード分析
出典:AI Writer

例えば、上記のように入力したキーワードの難易度、検索ボリュームがわかるツールもあります。キーワード分析を行ってからライティングすることで、適切な対策を行えるでしょう。

タイトルの作成

AIライティングツールではタイトル作成機能を備えています。タイトルは入力したキーワードを元に30文字程度に生成されます。

ChatGPTのタイトル生成方法
出典:ChatGPT

例えば、ChatGPTは文章で条件を指定する仕組みで「記事タイトルを考えてください」などと入力すると条件に沿ったタイトルが表示されます。

見出しの作成

AIライティングツールは見出しの作成も可能です。記事の見出しは内容だけでなく階層分けも重要で、作成にも手間がかかるため、ツールを活用することで時間の削減ができるでしょう。

AI Writerの見出し作成
出典:AI Writer

AIツールでは、上記のように入力したキーワードやタイトルに応じて複数の見出しが作成されます。また、生成された複数のパターンから選ぶことも可能です。

長文の執筆

AIライティングツールのメイン機能は、本文の作成です。

通常、本文の作成は執筆や調べものなど多くの時間を費やすものです。しかし、AIライティングツールを使えば、文章作成にかかる時間を短縮できます。

また、記事ボリュームの指定ができる場合は、好きな分量の記事作成が可能です。

catchyで生成した文章
出典:Catchy

例えば、上記のようにキーワードと参考文を入力すると、本文が生成されます。

なお、料金プランのなかには月の文字数上限が存在することもあります。そのため、記事の文字数を指定するときは注意しましょう。

記事のリライト

AIライティングツールにはリライト機能もあります。リライトは既存の記事を修正する機能で、要約して短くしたり、記事を長くしたりできます。

ChatGPTで言い換えをした例
出典:ChatGPT

例えばChatGPTでは、記事内容と変更指示を入力するだけで、文章の修正が可能です。このように、リライトの方向性をプロンプトで示すことで、納得のいく記事が作成できるでしょう。

自分に合ったAIライティングツールの選び方

AIライティングツールを選ぶときは、次の点を考慮しましょう。

  • 料金
  • 機能性
  • 記事数

安さだけでなく、機能や記事作成の上限もAIライティングツールによって異なります。人によって自分に合ったツールが異なるため、上記の項目を比較しておきましょう。

予算はどのくらい使えるか

AIライティングツールは月額制のサービスです。料金プランはツールによって無料版、有料版に分けられ、利用期間や記事作成上限があります。

月にどのくらいの記事を作成したいかで適切な料金がかわってきます。また、文字数などの作成ボリュームでも料金がかわります。

予算を最小限に抑えたい人は無料版を利用する必要がありますが、機能が制限されてしまうため、バランスが重要です。また、有料のツールでも無料版以上に質の高い記事や大量の記事作成が可能となるため、コストパフォーマンスに優れています。

必要な機能や利用上限を見て決めましょう。

自分が使いたい機能が利用できるか

AIライティングツールが持つ機能はさまざまで、特定の用途で使えるようになっています。

  • タイトル考案
  • 見出し作成
  • キーワード分析
  • テンプレート(記事作成、SNS、広告)
  • SEO分析
  • リライト機能

例えば「キーワード分析や構成の作成は自分でやりたい」という方は本文作成に特化したツールで十分でしょう。他にも、記事の方向性が固まっている場合はChatGPTのようなプロンプトを自由に指定できるツールが適しています。

月に執筆する文字数・記事数はどのくらいか

AIライティングツールは、料金プランごとに作成できる記事数、文字数、回数が決まっています。

無料版のツールもありますが、作成できる記事ボリュームが少ないです。有料版のツールは、できることも多く、作成できる記事数や文字数も多くなります。そのため、月に作成できる文字数や記事数を増やしたい場合には、料金プランのグレードを上げる必要があります。

AIツールでライティングを行うメリット

記事作成にAIツールを活用すると次のようなメリットがあります。

  • 執筆時間が短くなる
  • タイトル、見出しの自動生成
  • 記事の量産
  • ライターを雇うより安価

AIツールは短時間で多数の記事を生成でき、結果的に安価に記事作成ができます。

執筆にかかる時間を抑えられる

AIライティングツールを使えば、短時間で執筆可能です。文章作成が速く、執筆の調査時間も短縮でき、結果的に記事作成の完成は早まります。

また、ChatGPTのようなAIツールは、調査のための質問ができるため優秀なアシスタントの役割を果たします。

つまり単純な執筆時間だけでなく調査の時間や考える時間も減らしてくれるのが強みです。

タイトルや見出しの作成も可能

AIライティングツールによっては、本文だけでなくタイトルや見出しまで作成してくれます。

タイトル、見出しが決まっていれば内容に沿って書くだけですが、本文の執筆にも時間がかかります。1から記事を作るのは時間がかかりますが、素案があるだけでも時間は短縮可能です。

素案から特徴のある文言を肉付けしていけば、独自性のあるタイトルや見出しを作成できます。

大量の記事を作成できる

AIライティングツールでは、短期間で記事をを作成できます。そのため「月に50本ライティングしたい」のような、大量の記事を作成したい場合に役立つでしょう。

ツールによっては作成数を指定できたり、キーワードなどの条件を決められたりします。

ただし、月間の作成数や利用回数の上限がある場合も考えられるため、注意しましょう。

ライターを雇うよりコストが抑えられる

AIライティングツールを活用すれば、記事作成のコスト軽減につながります。

記事作成の人件費は1記事あたり数千円〜数万円かかることがありますが、AIライティングツールの利用料金は月額で数千円〜数万円になります。

なお、広告やキャッチコピーに特化したツールであれば、記事作成以外の業務にも対応しています。また汎用的に使えるAIライティングツールでも、調べものに活用できるので結果的に負担を減らせる点がメリットです。

AIツールでライティングを行う際の注意点

AIツールを使って文章を作成するときは次の点に注意しましょう。

  • 日本語の誤り
  • 記載情報の誤り
  • オリジナリティが低い
  • 著作権の違反

AIツールで生成される文章はWebサイト上の記事を参考にしているため、文法や内容の誤りが含まれる可能性があります。そのため、生成された文章をよく確認してから使用するようにしましょう。

不自然な日本語や文法の誤りが見られる

AIライティングツールが生成する日本語は、不自然でわかりにくい場合があります。

また、学習に使われた文章がそのまま出力されるわけではないため、単語や助詞などが合わないこともあるでしょう。

生成された文章の正確性は保証されないため、きちんと校正するようにしましょう。

情報が間違っている可能性がある

AIライティングツールが生成する文章には誤りが含まれることがあります。AIの学習に使われた情報が必ずしも正しいとは限らず、生成される文章が正しいとはいい切れません。

例えば、伝わりづらい表現やあいまいな表現が含まれると、誤解を与えかねません。そのため、AIライティングツールで生成された文章をうのみにせず、内容を精査するようにしましょう。

オリジナリティのあるコンテンツ作成は難しい

AIライティングツールで作成される文章は、すでに公開されている文章である可能性が高く、オリジナリティに乏しいです。

AIライティングツールの学習に使われる文章データは、インターネット上にあることが多く、同じ構成になりやすいです。そのなかで、記事のオリジナリティを高めるには、競合サイトとは違った文章に整える必要があります。

生成された文章をそのまま使用するのではなく、独自性を加えた内容に修正しましょう。

著作権に違反していないか確認する必要がある

AIライティングツールを使う場合、生成された記事が著作権に違反していないかを確認する必要があります。

生成される文章は、インターネット上のブログやメディアなどの記事が元になっています。

AIライティングツールで使われている言語モデルは、そういった大量の記事データを学習して作られており、そこには著作権を含む文章も含まれます。

記事のコピペ、引用が含まれている場合もあるため、コピペチェックツールなどを活用しましょう。

他人の制作物をそのまま利用することは著作権違反になるため、注意が必要です。

まとめ

AIライティングツールは、さまざまな種類の文章を生成するサービスです。短時間で記事を生成できるため、大量に文章を書く必要がある場合に役立つでしょう。

AIライティングツールは、ライターの記事作成や構成作成をサポートするツールで、作業の効率化と負担軽減の効果があります。機能や料金もさまざまあるので、自分に合ったAIライティングツールを選びましょう。

-AIライティング, Webライター, ツール, ライティング