AI Writer

タイトル生成におすすめのAIツール4選|作成方法や注意点を解説

記事作成の重要なポイントとなるタイトル作成について、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。AIのツールを使えば、面倒なタイトル作成が手間をかけずに完了します。

今回は、AIのタイトル作成のメリットを紹介するとともに、おすすめのツールや注意点についてもご紹介。文章の作成にも役立つので、チェックしてみてください。

タイトル生成に役立つAIツール4選

タイトルの生成に役立つAIについては、以下のようなものがあります。

  • AI Writer
    本文作成やキーワード分析もできる
  • ChatGPT
    細かい条件(プロンプト)を設定して生成できる
  • ラッコキーワード
    ​​関連キーワードや上位表示されている見出しも調査できる
  • Free AI SEO Title Generator

キーワードを入れるだけでタイトルを生成する

上記からもわかる通り、ツールによって追加の機能が設けられているものもあれば、タイトル生成のみに対応しているものもあります。

自分がどのような機能を求めるかによって適切なAIツールが異なるため、特徴を比較しておきましょう。

AI Writer:本文作成やキーワード分析も行いたい方におすすめ

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerでは、キーワードを入力することでタイトルの候補を10個提案してくれます。提案された中から、自分の好きなものを選べばOK。また、同じキーワードを使っている競合サイトと比較しながら、タイトルを選ぶことも可能です。

また、タイトルだけではなく、本文の作成も行ってくれるのが便利なポイント。入力した内容をもとに記事を作成してくれるため、原稿作成の手間が大幅に削減できます。生成された原稿は、言い回しを変えたり、文字の装飾をしたりすることも可能。最終的に自分の好きなように編集ができるのです。

さらに、AI Writerは分析機能に優れている点もメリットとなっています。SEOに最適化されており、競合サイトをチェックし検索ボリュームなどを細かく分析。「難易度」「上位記事サイト」「キーワードサジェスト」「検索ボリューム」の4つの項目で分析が可能です。

ChatGPT:タイトルに細かい条件を設定したい方向けのツール

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTは、もっとも有名なAI文章作成サービスと言っても過言ではありません。特徴としてはまず、名前の由来でもあるチャット機能です。質問を入力することでチャットで答えてくれるため、わからないこともすぐに解消できます。

月額20ドル(約3,000円)ほどと、他の有料サービスと比較してもリーズナブルな設定になっているのもメリットの一つ。日本語にも対応しているため、使用していく上でつまずくことも少ないでしょう。

ラッコキーワード:関連キーワードなども調査したい方向け

ラッコキーワード
出典:ラッコキーワード
料金フリー:無料
エントリー:440円(税込)
ライト:990円(税込)
スタンダード:2,475円(税込)
プロ:4,950円(税込)
エンタープライズ:9,900円(税込)
特徴記事タイトル、見出しの提案キーワード調査に関する機能が豊富
文字数制限■プラン名:1日の利用回数
フリー:10回
エントリー:500回
ライト:1,000回
スタンダード:2,500回
プロ:5,000回
エンタープライズ:10,000回
日本語対応
公式サイトラッコキーワード公式サイト

ラッコキーワードは、無料でも多くの機能が使える便利なサービスです。有料プランは5段階に分かれており、それぞれAIの提案が利用できる回数などが異なります。

使い方は非常に簡単で、キーワードを入れて横のメニューバーから「記事タイトルの提案

(AI)」「記事見出しの提案(AI)」「関連ワードの提案(AI)」「関連する疑問の提案(AI)」などを選択して検索すればOK。

タイトル作成以外にもさまざまな機能がついているので、文章作成に多方面で役立てられます。

Free AI SEO Title Generator:シンプルな機能が欲しい方向けのツール

Free AI SEO Title Generator
出典:Free AI SEO Title Generator
料金無料
特徴4つのジャンル別にタイトルを生成
文字数制限
日本語対応
公式サイトFree AI SEO Title Generator公式サイト

Free AI SEO Title Generatorは、4つのジャンルに分けてタイトルを作成できるサービスです。タイトル作成のジャンルとしては、以下のようなものがあります。

  • 「How-tos(やり方)」
  • 「Listicles(「〇〇選」など)」
  • 「質問(〜とは?)」
  • 「その他」

それぞれの記事にあった魅力的なタイトルをつけられるので、より注目される記事へ導けるのです。

また、ほかにも画像代替テキストやコンテンツアイディア、ビデオスクリプトなどもAIで作成できます。

AIツールでタイトルを作成することは可能

AIツールを使って、タイトルを作成することは可能です。AIは大量のデータを瞬時に分析し、何度も繰り返し学習させることで、創造性に富んだタイトルを作り出します。

タイトルはさまざまな場面で役に立ち、例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 記事タイトル
  • 論文タイトル
  • ブログタイトル
  • 小説のタイトル

膨大なデータから注目されやすいタイトルを作り出してくれるため、書き手は記事内容の執筆に集中できる点も魅力です。

AIが生成したタイトルの例

実際に、AIが作成した記事タイトルの例を見てみましょう。

Free AI SEO Title Generatorのタイトル生成例
出典:Free AI SEO Title Generator

同じキーワードでもどのような内容の記事であるかをアピールしたいのかによって、効果的なタイトルのつけ方は変わってきます。

上の画像では、同じ「SEO」というキーワードでも「How to」や「ポイント」「SEOとは何か?」「SEOの内容」など、さまざまな方向からタイトルが候補としてピックアップされています。

タイトルのつけ方で興味の惹かれ方も変わってくるため、他方向からのタイトルを提案してくれるのは非常に便利です。

AIツールでタイトルを生成するメリット

AIツールを使ってタイトルを作成するメリットについては、以下の2点が挙げられます。

  • 数秒で作成してくれる
  • 複数の案を出してくれる

結論としては、短時間で多くの案を生成できる点がメリットです。そのため、考える手間やタイトル調査の時間を省きたい方に向いているでしょう。

数秒で作成してくれる

AIツールのタイトル生成にかかる時間

人間がタイトルを作成する場合、調査や発案、細かい調整など様々な作業が必要なため、1つのタイトルの作成に時間がかかります。

一方でAIの場合は、指定されたキーワードや情報から瞬時に必要なキーワードを割り出し、提案してくれるのです。

数秒でタイトルの候補を出してくれるため、記事作成がスムーズに進みます。

複数の案を出してくれる

AIの場合は、さまざまなパターンのタイトルを瞬時に複数作り出すことが可能です。

タイトルを考える際、一つのタイトルが浮かんでもなかなかしっくりこない、ということもあるでしょう。納得できない場合はまた別の案を考える必要があり、理想的なタイトル案が浮かぶまでに時間がかかってしまいます。

一方でAIの場合、ユーザーは出てくる候補の中から、使いやすいものやピンときたのを選んで使用できます。

AI Writerのタイトル生成
出典:AI Writer

例えば、上記のツールでは、タイトルの候補が10個表示されるため、読者のニーズに合ったタイトルを見つけられます。また、生成された複数のタイトルを組み合わせて、さらに理想的なタイトルを編み出せるのも大きなポイントです。

AIツールを利用したタイトルの生成方法​​

AIを使ったタイトル作成は、使うツールによってやり方がやや異なります。主に以下2つのやり方が利用可能です。

  • キーワードのみを入力する場合
  • プロンプト(条件)を入力する場合

やり方によって生成されるタイトルが異なるため、自分がどのようなタイトルを作りたいかによって利用するツールを変える必要があるでしょう。

キーワードのみを入力する場合

ラッコキーワードのタイトル生成
出典:ラッコキーワード

もっとも多いタイトル作成パターンとしては、使用するキーワードを入力して作成する、というものです。

例えば「ラッコキーワード」を使う場合、検索欄に使いたいワードを入れて「記事タイトルの提案(AI)」を選んで検索ボタンを押すだけでOK。すぐにタイトル候補を複数提案してくれます。

多くのサービスはキーワードを入力するだけで提案してくれるため、タイトル作成も手軽です。

プロンプト(条件)を入力する場合

ChatGPTを使う場合には、「プロンプト」機能を使うことで、タイトル作成ができます。プロンプトとは、ChatGPTのAIに与える質問などの文章のこと。

例えば、以下の画像のようにChatGPTに質問をします。

ChatGPTのタイトル生成方法
出典:ChatGPT

質問内容には、キーワードだけではなく、文字数や含める語句、作り出すパターンの個数も指定可能

細かく指定して作らせることで、より自分の要望に合ったタイトルが生まれやすくなるのです。

AIツールでタイトルを生成する際の注意点

AIツールを使ってタイトルを作成する場合は、以下のような注意点があります。

  • 文法に誤りが見られる場合もある
  • 良いタイトルになるとは限らない

AIツールは完璧なタイトルを生成できるとは限りません。発案のきっかけとしてAIツールを利用するのは良いのですが、最終的にはきちんと人の目でチェックすることが大切です。

文法に誤りが見られる場合もある

AIは優秀なツールではありますが、日本語能力などはまだ不完全な部分が多いもの。仕上がったタイトルは、日本語としてやや不自然な場合もあります。

そのため、提案されたタイトルは最後に確認して、不自然な文章になっていないかどうかを確認することが大切です。

良いタイトルになるとは限らない

AIは、タイトルを「考える」わけではありません。基本的にネット上に転がっている情報を集め、分析してタイトルの形に組み込んでいます。そのため、必ずしも良いタイトルが生まれるわけではないのです。

キーワードによってはありきたりなタイトルになってしまったり、独創性がない文章になってしまったりすることも。独創性が必要な場合は人の頭で考えて、プラスの要素を加えてブラッシュアップすることが大切です。

一方、AIはシンプルなタイトルや、記事内容の要点をまとめるようなタイトルを作るのは得意。どんなタイトルにするのかによって、うまく使い分けていくと良いでしょう。

まとめ

AIは、数秒で記事などのタイトルを作り上げることが可能な便利なツールです。一度に複数のタイトルを作り出すことも可能なので、競合サイトと比較した上で決めることもできます。

AIのタイトル作成ツールはさまざまなものがあり、無料で利用できる便利なものもあります。どれを使うか迷った場合は、今回紹介したツールを参考にしてみてください。