AIライティング ツール ライティング

見出し・構成の作成におすすめのAIツール4選|生成方法や注意点を解説

記事の構成を作成するにあたって見出しは大事な骨格です。そのため、見出し作成には慎重になり、多くの時間を費やしているでしょう。

見出しを自動的に作成してくれるAIツールを使えば、記事構成の工数削減につながります。見出しを1から作るよりも早いため、ライターは記事を磨き上げることに集中できるようになるでしょう。

この記事では、ライターの方やメディア運営者の方に向けて、見出し作成に役立つAIツールを解説しています。記事作成を効率化したい方はぜひ参考にしてみてください。

見出し作成に役立つAIツール4選

 記事の見出しを自動生成してくれるAIツールを4つ紹介します。

  • AI Writer
    本文やタイトルの作成、KW分析も可能
    7日間の無料トライアルあり
  • ChatGPT
    細かく条件を設定できる
    見出し以外にも様々な用途に応用可能
  • ラッコキーワード
    関連キーワードの分析や競合調査も行いたい方向け
    あまり利用しない場合は無料プランでも問題なく利用可能
  • Notion AI
    Notionのツール上で利用できる
    校正などに特化

それぞれのAIツールには特徴があり、活用する場面も違います。

無料でお試しできるAIツールもあるので、使用感を確認してから本格的に使うと良いでしょう。

AI Writer:本文やタイトル、KW分析も行いたい方におすすめ

AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerは記事作成に特化した国内のAIツールで、キーワードを入力するだけで、記事のタイトル、見出し、本文を一括で作成できます。

作成される文章は、入力キーワードに基づき、競合サイトの上位記事を参考に作られた内容です。加えて、キーワードの難易度、検索ボリューム、キーワードサジェスト、上位記事サイトがレポートで出力されるため、記事内容の改善に役立ちます。また、文章作成にはChatGPTが使われていることから、生成される文章の精度は高いです。

利用は有料ですが、7日間だけ無料でお試しができるので、記事内容を確認してみたい方は使ってみてください。

ChatGPT:細かく条件を設定できるツール

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTは世界的に有名な海外製のAIチャットで、記事作成以外にも使える汎用的なツールです。膨大な量の文章を学習していることから生成される文章の精度が高く、他のAIツールの仕組みの一部としても利用されています。入力、出力ともに日本語に対応しているので翻訳は不要です。

利用方法はチャット形式で、質問(依頼)文を与えると、回答文を返す仕組みです。そのため、見出し作成だけでなく、タイトルや本文の作成、見出しの細かな条件指定もできるので、記事のオリジナリティを出しやすいといえます。

なお、有料版は最新の仕組み(GPT4)が採用されており高性能ですが、無料版では旧来の仕組み(GPT3.5)が使われています。無料でも記事作成に充分活用できるので、AIツールが初めての方でも導入しやすいでしょう。

ラッコキーワード:KW調査も行いたい方向けのツール

ラッコキーワード
出典:ラッコキーワード
料金フリー:無料
エントリー:440円(税込)
ライト:990円(税込)
スタンダード:2,475円(税込)
プロ:4,950円(税込)
エンタープライズ:9,900円(税込)
特徴記事タイトル、見出しの提案キーワード調査に関する機能が豊富
文字数制限■プラン名:1日の利用回数
フリー:10回
エントリー:500回
ライト:1,000回
スタンダード:2,500回
プロ:5,000回
エンタープライズ:10,000回
日本語対応
公式サイトラッコキーワード公式サイト

ラッコキーワードは、記事作成におけるキーワード調査に特化したサービスです。記事のタイトルや見出しの作成機能を備えています。

キーワードやタイトルを入力すると、競合サイトの上位記事を参考にした見出しを作成してくれます。タイトルや見出し作成はChatGPTがベースになっており、生成される文章の精度も申し分ありません。無料でも利用できますが、作成には1日10回の上限があるので注意しましょう。

また、見出し作成だけでなく、記事を磨き上げるのに必要な機能も揃っています。例えば、競合サイトの見出しをリスト化できたり、キーワードの検索ボリュームや関連キーワードを簡単に比較できたりするので、記事の差別化にも活用できます。

Notion AI:校正機能も利用したい方向けのツール

Notion AI
出典:Notion AI
料金10ドル/月
※無料トライアルあり
特徴「Notion」のツール上で文章を生成する
校正や文法チェックなども可能
文字数制限なし
日本語対応
公式サイトNotion AI公式サイト

Notion AIは、ドキュメント管理ツールのNotionのオプションサービスです。タスク管理、スケジュール管理、アイディアメモなどに使える万能アプリで、Notion AIが持つ文章作成機能を組み合わせることで利便性が上がります。

Notion AIは、文章で指示を与えることで、ブログ記事、プレスリリースなど場面に応じた体裁の文章を見出し付きで作成します。また、作成された文章を長くしたり、要約したりできるので、記事のボリューム調整が可能です。さらに、誤字脱字やスペルチェックもしてくれるので、校正の時間も軽減できます。

NotionAIの操作画面
出典:Notion

Notion AIは出来上がった文章をコピーするだけでブログ公開なども簡単にできるので、Notion内に止まらず利用の幅は広いです。無料で500回まで利用できるため、費用をかけずに使用感を確認できるでしょう。

AIツールで見出しの作成は可能

AIツールを活用すれば、記事の見出しを簡単に作れます。AIツールはさまざまなジャンルの大量の記事を学習しているため、キーワードを与えるだけで、関連する見出しを作り出します。

例えば「AI 活用」に関するブログ記事だと、検索キーワードで上位にある記事を参考に見出し作成が可能です。AIツールによっては細かく条件を指定できるので、パターンを変えて作れます。

AIが生成した見出しの例

AIツールが作成する見出しについて、ラッコキーワードでの例を元に見ていきましょう。

AIによる見出し生成の例
出典:ラッコキーワード

ラッコキーワードでは、キーワード、タイトルを入力するだけで、下記のような見出しが作成されます。見出しはH2、H3に分けて作られます。競合の上位サイトの記事を参考にしているため、違和感のない見出しになっているでしょう。

他の見出し作成ツールでも、キーワードやタイトルを入力するだけで作れるものがほとんどです。AIツールによっては条件を細かく指定できるので、より多彩なパターンを作成できます。

AIツールで見出しを作成する3つのメリット

見出し作成にAIツールを使う大きなメリットは、費用とスピードです。AIツールは簡単な入力でわずか数秒で文章を提案できるので、次の3つのメリットがあります。

  • すぐに見出しを作成できる
  • コストが抑えられる
  • タイトルや本文も作成してくれる

AIツールは見出しの作成は数秒で終わり、ツールによっては本文を含めた記事の構成案もわずかな時間で作ってくれます。そのため、記事を1から作るよりもAIツールを使って作成したほうがコストパフォーマンスが高いです。

すぐに見出しを作成できる

AIツールはキーワードを与えると数秒で見出しを作ります。また、膨大な量のWeb記事を学習しており、さまざまなジャンルの適切な見出しを作成できます。

人間が作成する場合は、関連キーワードや競合サイトを調査してSEOに沿った見出しを考える必要があるため、多くの時間が必要です。しかし、AIツールを使えば調査の時間を減らせるため、作成にかかる時間を短縮できます。

コストが抑えられる

AIツールとライターの費用の差

AIツールを活用すれば記事作成のコストを抑えられます。

見出し作成を人に依頼すると、1記事あたりの料金がかかりますが、AIツールは月額料金に応じた記事数を作成できます。特に記事作成に特化したAIツールであれば、見出し以外の作業負担も軽減可能です。また汎用的に使えるAIツールでも、調べものに活用できるので結果的に負担を減らせます。

AIツールによって機能や料金が異なるため、コストに見合った働きができるかを把握することが重要です。AIツールの特徴を活かせれば、記事作成にかかるコストを大幅に削減できます。

タイトルや本文も作成してくれる

AIツールによっては見出しだけでなく、タイトルや記事本文まで作成してくれます。

タイトル、見出しが決まれば、あとは流れに沿って肉付けしていくだけですが、本文を1から執筆すると時間がかかります。

本文まで作成してくれるAIツールであれば、生成された本文をたたき台にできます。不足している情報や独自の要素を加えることに集中できるため、同じ時間内でより良い記事作成が可能です。また、誤字脱字をチェックするAIツールもあり、校正時間の短縮にもつながります。

つまり、AIツールを使えば、記事作成全体にかかる時間やコストを削減できます。

AIツールで見出しを作成する3つのデメリット

AIツールは簡単に見出しを作成できる反面、次のようなデメリットもあります。

  • 日本語が不自然な場合がある
  • オリジナリティのある見出しの作成は難しい
  • 料金がかかる場合もある

競合サイトを参考にした見出しが作成されるため、どうしても同じようなワード、構成になることが多いです。また、、構成や整合性の確認が発生するため、最終的には人手が必要です。つまり、AIツールだけでは完結しないことが多いでしょう。

日本語が不自然な場合がある

AIツールが見出しを生成するとき、日本語が不自然でわかりにくい場合があります。AIツールの学習に使われた文章の中には、伝わりづらい表現、あいまいな表現が含まれていることがあるためです。

また、作成した見出しが誤った情報や最新の情報ではない可能性もあります。生成された文章の正確性は保証されていないため、内容の精査が必要になります。

つまり、AIで見出し作成を自動化した場合でも、人間による見直しと修正を行わなければなりません。

オリジナリティのある見出しの作成は難しい

AIツールで作成される見出しは、すでにインターネット上に公開されている文章を基に作成されています。そのため、オリジナリティに欠ける点がデメリットです。AIツールによっては生成パターンを変えることもできますが、学習に使われた文章は同じなので、生成に使われるキーワードが同じであれば結果は大きく変わりません。

作成される見出しは似たような表現になってしまうため、オリジナリティを高めるには、掲載サイトや記事の方向性に合わせて独自の要素を加える必要があります。競合サイトと同じような構成、文章になってしまうと、コンテンツのオリジナリティがなく検索上位を狙うのは難しいでしょう。

料金がかかる場合もある

AIツールの利用料金はさまざまですが、高い精度で多くの記事を作るには金額が大きくなります。無料で利用できるAIツールもありますが、作成回数の制限があったり、使用期間が短かったりするため、使用頻度によっては有料にせざるを得ないでしょう。

ただし、AIツールによっては見出しだけでなく本文の作成も可能で、記事のたたき台を1から作ってくれます。AIツールの料金が高くなるとはいえ、その恩恵を充分に活用できればライターの人件費を上回る効果を発揮できます。

AIツールで見出しを作成する方法

AIツールによって見出しの作成方法が異なります

  1. キーワードやタイトルを入力
  2. 条件を設定する

以下では具体的なAIツールを用いて、見出しの作成方法を紹介していきます。

1.キーワードやタイトルを入力する

AIツールは入力した文章やワードに基づいて見出しを生成します。ラッコキーワードを例に、具体的な見出しの作成方法を紹介します。

ラッコキーワードでは、次の2点を入力すると見出しの生成が可能です。

  • SEOターゲットキーワード
  • 記事タイトル
ラッコキーワード(見出し提案)
出典:ラッコキーワード

SEOターゲットキーワードには、記事の検索キーワードを入力しましょう。複合キーワードの指定も可能で、よりターゲットを絞った見出しを作成できます。

記事タイトルには、想定する記事内容を端的に表すタイトルを入力します。指定したキーワード以外にも必要なワードがある場合は、記事タイトルに含めると良いでしょう。なお、記事タイトルが思いつかない場合は、キーワードからタイトルの候補を生成できます。

最後に、AIモデルのGPT-4を選び、見出し生成ボタンを押すと見出しが生成されます。

2.条件を設定する

AIツールによっては見出し生成の条件を設定できます。例えば、ChatGPTは入力文章を自由に書けるため、作成する見出しの条件を加えることが可能です。

ChatGPTによる見出しの生成
出典:ChatGPT

上記はChatGPTの見出し生成の様子です。記事のメインとなるキーワードを伝えたうえで、サブのキーワードを使うように指定しています。画像の下段は生成された見出しで、指定したキーワードがすべて含まれているのがわかります。

ChatGPTのように入力の自由度が高いほど細かい条件の指定が可能で、記事のオリジナリティが出しやすいです。

まとめ

AIツールを使えば簡単に記事の見出しが作成できるため、記事作成のコストを抑えられます。AIツールによっては本文も生成可能で、記事作成のアシスタントのような存在といえます。

ただし、簡単に生成できるツールほどありきたりな見出しになりがちで、オリジナリティが出しづらいです。そのため、独自のコンテンツにするには、生成された見出しをそのまま使うのではなく、サイトの特徴や記事の方向性を加味した校正が求められます。

なお、生成された内容の精査は必要ですが、記事のたたき台として利用する分には優秀なツールといえます。記事作成のコスト軽減につながるので、まずは無料版やお試し版のAIツールから始めてみてください。

-AIライティング, ツール, ライティング