AIライティング ツール ライティング

AIで文章作成する際にはキーワードが重要な理由!おすすめのツールも紹介

AIを用いて文章を作成する場合、キーワードの選定は極めて重要です。適切なキーワードを選ぶことで、AIは対象キーワードに関連する内容を生成し、ターゲットとする読者層や目的に合わせた情報を提供できます。

また、キーワードはSEO対策においても中心的な要素です。

適切なキーワードを選定することで、検索順位の向上につながるため、より多くの潜在的な読者に記事が届き、ウェブサイトへのトラフィック増加につながります。

この記事では「AIで文章作成する際にはキーワードが重要な理由」や「おすすめツール」について紹介し、メリットと注意点を詳しく解説していきます。

AIツールの文章作成には「キーワード」が重要な理由

AIツールを用いた文章作成において「キーワード」は重要です。

AIツールは入力されたキーワードを基に内容を生成するため、キーワードの選択は文章の質や方向性を決定づける重要な要素となるでしょう。

適切なキーワードを選ぶことでAIはそのキーワードに関連する内容をより詳細に生成できるようになるため、ターゲットとする読者層に合わせた情報を提供することが可能になります。

「キーワード」が重要な理由について、各項目で解説していきます。

作成される文章の質に影響するから

キーワードの選定は、AIによって作成される文章の質に直接的な影響を与えます

AIによって生成された文章では、ニュアンスが少し異なるキーワードを選ぶだけでも全く異なる内容の文章が生成されることがあります。これは、AIがキーワードを基にして関連する情報を検索し、それに基づいて文章を生成するためです。

抽象的なキーワードであればあるほど、生成される文章もより一般的で独自性のない文章となってしまいます

一方で、プロンプトを設定する際に対象キーワードを詳細に指定すれば、より希望に近く、独自性のある内容の文章を生成することが可能です。

このように、キーワードの選定はAIによる文章作成の質を左右するため、適切なキーワードを含めることが大切といえます。

想定していた内容に近い文章を作成できるようになるから

キーワードの選定は、AIによって生成される文章が想定した内容に近い文章かどうかにも影響します。曖昧なキーワードを入力すると、AIが生成する文章に具体性が少なくなります。

逆に、具体的で明確なキーワードを選べば、AIはより目的に沿った内容の文章を生成しやすくなるでしょう。

具体的には、想定した文章が要約なのか解説なのかを明確にしたり、生成したい内容の背景情報をプロンプトに含めたりするなどが挙げられます。

これにより、AIツールを用いた文章作成の精度が向上し、目的に合った高品質なコンテンツを作成することが可能になるといえます。

AIで文章を作成する際のキーワード選定で重要なポイント

AIツールを用いた文章作成では、キーワードが重要な役割を果たすことは説明してきましたが、何のキーワードを含めるべきかの選定も重要です。

作成したい文章に沿った適切なキーワードが選定できていなければ、いくら内容が良いコンテンツでも、SEO的に評価されにくくなってしまいます。

ここからは、AIで文章を作成する際のキーワード選定について重要なポイントごとに解説します。

作成する文章の対象キーワードを分析する

SEO対策を意識した記事作成において重要なのは、対象キーワードの分析です。

選定するキーワードによっては、競合が強く、記事を作成しても検索結果の上位に表示されない可能性があります。そのため、難易度や検索ボリューム、関連キーワードなどを総合的に分析することが必要といえるでしょう。

また、競合サイトの見出しやタイトルを分析することで、ユーザーにどのような内容が求められているかを把握し、より効果的な記事を作成できます。

AIツールの中には分析機能を備えたものもあるため、活用することでより効果的なSEO対策が可能になります。

キーワードは具体的に入力する

キーワードの選定においては、具体性が重要です。

曖昧なキーワードでは、AIが生成するコンテンツも曖昧なものになりがちです。そのため、キーワードはなるべく具体的に、多く入れることが望ましいといえます。

例えば「健康的な食生活」よりも「低炭水化物ダイエットのメリット」といった具体的なキーワードを選ぶことで、よりターゲットに合ったコンテンツを生成することが可能です。

複数のキーワードを入れることで、AIは複数の観点からアプローチできるため、文章生成に利用する情報が格段に増え、より信頼性の高いコンテンツが作成できるといえるでしょう。

プロンプトを設定できる場合は詳細に入力する

ChatGPTのように自由にプロンプトを設定できるAIツールを使用する場合、キーワードだけでなく、条件付けも重要な要素となります。

プロンプトには、記事の目的、ターゲット、トーン、スタイルなど、具体的な指示を含めることが望ましいといえます。

上記の画像の例では、伝えたい内容を列挙したキーワードと文章をもとに、スティーブ・ジョブズになりきってプレゼンをさせるようなプロンプトです。

ポイントは、無機質な「です・ます調」の書き言葉を話し言葉に修正しつつ、プレゼンターとして独自性を持たせたユーモアのある文章を目指している点と、重要なキーワードを含めている点です。

特にChatGPTでは、心理学者や哲学者、教師などAI自身が専門的な職業の人物になりきるような命令を与えると、より精度が高く自然な文章が作成できるようになります。

さらに「色彩心理学」「話し言葉」「色の意味と効果」など文章を生成するにあたって必要なキーワードを明確に入力しています。

このように、キーワードだけでなく細かな条件や設定を与えてあげると、生成できる文章の幅が広がるでしょう。

AIツールで作成できる文章の種類

AIツールを活用すれば、さまざまな種類の文章を効率的に作成できます。

AIツールは、特定のキーワードや条件に基づいてニーズに合った内容を生成する能力を持っていますが、ツールによって得意とする文章の種類が異なるため、目的に応じた適切なツールの選択が重要です。

ここからはAIツールで作成できる文章の種類についてそれぞれの項目を解説していきます。

SEO記事

SEO記事の作成に特化したAIツールを使用すると、Google検索で上位に表示されるようなコンテンツを効率的に生成できます。

指定されたキーワードや条件に基づいて、検索エンジンに適した記事を作成します。

見出し毎に長文を生成する機能を持っており、ユーザーの検索意図に合致した内容を提供してくれるため使い勝手が良い機能と言えます。

ただしAIによる文章生成は完璧ではないため、言い回しの変更や追加情報の挿入など、人間による微調整が必要となります。

メールの文章

キーワードを入力することで、適切なメール文章を作成するツールもあります。

出典:ELYZA Pencil

例えば、ELYZA Pencilはビジネスシーンでのメール作成に特化したAIツールです。

上記の画像例では「株式会社〇〇 石田様」「ミーティングの打ち合わせ」「12月20日(水)13時30分」「Zoom」といったキーワードを入力するだけで、情報を自然に織り交ぜたメール文章を生成します。

ユーザーはゼロから文章を考える手間を省き、生成された文章に少し手を加えるだけで、自然なメールを素早く作成できます。

特に日々多くのメールを扱うビジネスパーソンにとっては、大幅な時短となり、作業効率が向上するといえるでしょう。

タイトル候補の作成

キーワードを入力することで、タイトル案を作成できるAIツールもあります。

出典:Free AI SEO Title Generator

例えば、Free AI SEO Title Generatorは、SEO最適化された記事、小説、論文などのタイトルを生成するためのツールです。

「SEO とは」といったキーワードを入力するだけで、複数のタイトル候補を提案してくれます。特にコンテンツ制作において魅力的で検索エンジンに最適化されたタイトルを考える際のアイデア源となるでしょう。

生成されたタイトルは、そのまま使用することも、複数の案を組み合わせて独自のタイトルを作成できます。

この工程は、特にSEOに注視すべきウェブコンテンツ制作者やライターにとっては有益であり、ウェブサイトへのトラフィックを増やすための重要な手段となります。

見出し案の作成

キーワードを入力することで、見出し案を作成できるAIツールもあります。

AIツールでは、ユーザーが入力したキーワードに基づいて、複数の見出し案を提示してくれるため、アイデアが不足している場合や新しい視点での見出しを考えたい場合に役立ちます。

特にSEO記事作成における効果的な見出しは読者の関心を引き、記事の読了率を高めるために重要です。

生成された見出し案をもとに手直しを加えれば、より独自性に優れた質の高い見出しを作成可能です。

キーワードから文章を作成できるAIツール4選

AIツールは多岐にわたる文章作成のニーズに応えるようになっています。特にキーワードから文章を生成するAIツールは、その利便性と効率性で注目を集めています。

ここでは、SEO記事、メールや職務経歴書、キャッチコピー、さまざまなジャンルの文章作成に特化した4つのAIツールを紹介し、それぞれの特徴を具体的に解説します。

AI Writer:SEO記事の作成に特化

AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerは、SEOに特化した記事作成ツールです。

料金プランはベーシック(1,900円/月)、スタンダード(4,900円/月)、プロプラン(9,800円/月)、カスタマイズプラン(要相談)があり、7日間の無料トライアルも提供されています。

強みは、キーワード分析機能を備えている点にあります。

ユーザーはキーワードを入力するだけで、その難易度、検索ボリューム、関連キーワード、上位記事サイトなどの分析結果を得られ、これを基にSEOに強い記事のタイトル、見出し、本文を生成できます。

記事の数にはプランによる制限がありますが、日本語にも対応しており、SEO記事作成において非常に有効なツールといえます。

ELYZA Pencil:メール文章や職務経歴書の作成に特化

ELYZA Pencil
出典:ELYZA Pencil
料金無料
特徴好きなキーワードを2〜8個まで登録し、文章を生成する
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトELYZA Pencil公式サイト

ELYZA Pencilは、メールや職務経歴書などの文章作成に特化した無料のAIツールです。2〜8個のキーワードを登録することで、それらを基にAIが自動で文章を生成します。

特徴は、登録不要で利用できる点と、ニュース記事、メール文、職務経歴書など複数のジャンルに対応している点です。

日本語にも対応しており、特にビジネスシーンでの利用に適しているといえるでしょう。

Catchy:キャッチコピーの作成に特化

Catchy
出典:Catchy
料金Free:無料
Starter:3,000〜8,100円(税抜)/月
Pro:9,800円(税抜)/月
Enterprise:要お問い合わせ
特徴機能ごとにクレジットを使用し生成する
生成可能な項目は100種類以上
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトCatchy公式サイト

Catchyは、キャッチコピー作成に特化したAIツールです。料金プランはFree(無料)、Starter(3,000〜8,100円/月)、Pro(9,800円/月)、Enterprise(要お問い合わせ)があります。

無料プランでは毎月10クレジットが提供され、これを消費して100種類以上の機能を利用できます。特にマーケティングや広告分野での利用に適しており、日本語にも対応しています。

クリエイティブなキャッチコピーを生成したい場合に利用したいツールの一つといえるでしょう。

Free AI SEO Title Generator:タイトルの作成に特化

Free AI SEO Title Generator
出典:Free AI SEO Title Generator
料金無料
特徴4つのジャンル別にタイトルを生成
文字数制限-
日本語対応
公式サイトFree AI SEO Title Generator公式サイト

Free AI SEO Title Generatorは、記事やブログのタイトル作成に特化した無料のAIツールです。

ユーザーはキーワードを入力することで「How-tos」「Listicles」「質問」「その他」といった4つのジャンル別にタイトルを生成できます。

このツールは、特にSEOに最適化されたタイトルを簡単に作成したい場合に便利で、日本語にも対応しています。コンテンツ制作者やブロガーにとって、読者の関心を引くタイトルを考える際の強力なサポートツールとなるでしょう。

ChatGPT:どのようなジャンルの文章でも対応可能

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTは、幅広いジャンルの文章作成に対応可能なAIツールです。料金プランはGPT3.5(無料)とGPT4(20ドル/月)があります。

ツールの特徴は、ユーザーが入力したプロンプト(条件)に基づいて、質問に答えたり、指定された内容の文章を生成したりする点です。

GPT3.5は約2,000文字、GPT4は約4,000文字の制限がありますが、日本語にも対応しており、その応用範囲は非常に広いです。

特にGPT4はより高性能であり、細かな条件を指定して質の高い文章を生成したい場合に適しているといえます。

まとめ

AIツールによる文章作成はライターにとっては嬉しいサービスですが、ただ闇雲に文章を生成しようとしても上手に活用はできません。

質の高い文章を生成する場合は「適切なキーワード選定」と「キーワードに沿った具体的な条件」をプロンプトに含める必要があります。

キーワードとSEOは密接に紐づいているため、AIツールを用いて半自動的に作業を効率化させたい場合は、AIツールの特徴を把握し、仕組み化することがおすすめです。

AIが生成する文章を取り入れながら、今後は作業の効率化を目指していきましょう。

-AIライティング, ツール, ライティング