AIライティング ツール ライティング

記事のリライトにおすすめのAIツール4選|使う際のポイントも解説

「記事のリライトを行いたいけど、人手が足りない」などのお悩みをお持ちではないでしょうか。

短時間でリライトを行いたい場合はAIツールの活用が最適です。AIは記事執筆には欠かせない幅広い分野の情報収集が可能で、自動で見出しや本文を作成してくれるためコストや時間を抑えられます。

本記事では「記事のリライトができるAIツール」や使う際のポイントについて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事のリライトができるAIツール4選【日本語対応】

記事のリライトができるAIツール4選は、下記が挙げられます。

  • AI Writer
    見出しから本文まで全てリライトしたい方向け
    キーワード調査や競合分析にも対応している
  • ChatGPT
    リライトの方向性や構成が決まっている方向け
    条件を自由に設定できる
  • Keywordmap
    チーム単位でプロジェクトを進めたいクライアント向け
  • NotionAI
    Notionのドキュメントで作業している方向け
    作成したコンテンツの校正もできる

詳しく解説していきます。

AI Writer:見出しから本文まで全てリライトしたい方向けのツール

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerは検索キーワードを入力すると、見出しやタイトル・本文の作成が可能です。そのため、記事全体をもう一度作成し直したい場合に役立つでしょう。

また、キーワードの分析機能に特徴があり、以下4点を分析できます。

  • 難易度
    特定のキーワードがGoogle検索で上位表示される難しさを示す
  • 検索ボリューム
    Googleでキーワードがどれくらい検索されるか予測する機能
  • キーワードサジェスト
    検索する際に自動的に表示される検索の候補のこと
  • 上位記事サイト
    ​​Googleでよく検索され、閲覧されやすいサイトが一覧で表示される

リライトには競合分析やキーワード分析から始める必要がある場合もあります。そのため、リライトだけでなく、キーワードの分析も合わせて行いたい場合にAI Writerが適しているでしょう。

ChatGPT:条件を自由に設定したい方向けのツール

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTはチャット形式で質問を入力すると回答してくれるツールです。プロンプト(条件)を入力することで、詳細な回答が得られることが特徴。

例えば「〇〇という見出しで〇〇文字程度の文章を作成してください」という条件を与えると、指定した通りに文章を考えてくれます。条件は複数設定できるため、すでにリライトしたい方向性が決まっている際に役立つでしょう。

GPTにはバージョンが2種類あり、GPT4はより高性能なツールです。GPT4は毎月20ドルの料金が発生しますが、コストパフォーマンスに優れたツールといえるでしょう。

Keywordmap:チーム単位でプロジェクトを進めたいクライアント向けのツール

Keywordmap画像
出典:Keywordmap
料金機能や事業規模に応じて異なる
プランは以下の4つ
ライト
スタンダード
エキスパート
カスタマイズ
特徴競合調査やキーワード分析、コンテンツの作成が可能
機能の制限必要な機能を随時追加できる仕組み
日本語対応
公式サイトKeywordmap公式サイト

Keywordmapは競合調査・キーワード分析・コンテンツの作成が可能なツールです。主にSEO対策に特化しており、リライト前にしっかりと調査を行いたい方向けのツールとなります。

要望や必要な機能に応じて最適な料金プランを提案する仕組みを採用しているため、あらかじめ自社向けにカスタマイズされた形で利用できるのが特徴です。

主に分析関連のクライアント向けでチーム単位で施策を行いたい企業に適しているツールといえるでしょう。

Notion AI:「Notion」のドキュメントで作業している方向けのツール

Notion AI
出典:Notion AI
料金10ドル/月
※無料トライアルあり
特徴「Notion」のツール上で文章を生成する
校正や文法チェックなども可能
文字数制限なし
日本語対応
公式サイトNotion AI公式サイト

Notion AIはドキュメントツール「Notion」上で使用できるAI生成ツールです。コンテンツの作成だけでなく、校正などの機能も備わっているため、リライトした文章のチェックにも活用できます。

例えば「Notion」のツールで生成した見出し・本文を校正することで日本語の不備を直せます。確認作業を大幅に減らせるツールといえるでしょう。

AIツールでできるリライトの内容

AIツールでできるリライトの内容として、下記の5点があります。

  • タイトルの提案
  • 見出しの提案
  • 追加した見出しの執筆
  • 文章の書き換え・要約
  • 校正・校閲

どのような作業を行いたいかによって適切なツールが異なります。また、複数の機能を兼ね備えているツールもあるため、自分にあったものを選びましょう。

タイトルの提案

AIツールの中にはキーワードを入力するとタイトルを提案してくれるものがあります。

Free AI SEO Title Generatorのタイトル生成例
出典:Free AI SEO Title Generator

上記のように、キーワードを入力するだけでタイトル候補を提案してくれるツールもあります。また、細かい条件を設定することで、より詳細なタイトルを作成できるツールも存在します。

タイトル生成は読者の目を惹くうえで重要なポイントです。「検索順位は高いのに、なかなかクリック率が上がらない」という場合はタイトルの変更を検討しましょう。

見出しの提案

構成を作成できるAIツールでは、キーワードとタイトルを入力すると、見出しの提案が可能です。

AIによる見出し生成の例
出典:ラッコキーワード

例えば「ラッコキーワード」ではキーワードとタイトルを入力すると、h2・h3などの見出しを提案してくれます。提案された見出しの中からリライトに活用できそうな見出しをそのままピックアップすることで、新たな情報を追加できます。

また、提案された見出しを参考に、自分で新たな見出しを考えてよりオリジナリティの高い構成を作るのもよいでしょう。

追加した見出しの執筆

AIが追加した見出しの内容に沿って本文を執筆してくれます。

例えば、ChatGPTなどのプロンプトを設定できるツールでは、指定した単語を使用するなどの指示を与えると、指示に近い形で何度も生成してくれます。そのため、より詳細な本文の執筆が可能です。

ただし、コピペチェックで検知される可能性もあるため、使用する際は注意してください。

文章の書き換え・要約

AIツールですでに執筆されている記事の書き換えや要約ができます。具体的には、下記のような場合に役立つでしょう。

  • 長すぎる文章を短くまとめたい
  • 記事全体の言い回しを変えたい
  • 専門用語をわかりやすい言葉に置き換えたい

例えば、ChatGPTを使用して言い換えてみましょう。

ChatGPTで言い換えをした例
出典:ChatGPT

上記のように「〇〇をわかりやすい言葉に言い換えてください」のような条件を与えると、言い換えた修正後の文章が生成されます。リライト元記事の言葉がわかりにくい場合は試してみるとよいでしょう。

また「言います」「いいます」のよう文章中の表記ゆれにも対応できます。AIが対象の言葉をチェックして直してくれるため、細かいルールがある場合にも便利です。

校正・校閲

日本語の表現がおかしい、誤字脱字を直したい場合にAIツールで校正・校閲ができます。

ChatGPTで校正した例
出典:ChatGPT

上記はChatGPTを使用した校正の例ですが、いくつかルールを与えることで文章を修正してくれます。文字数などの指定にも対応できるため、細かいルールを設けたい場合に最適です。

また、AIツールで校正した文章を他のツールで再度校正できます。複数のツールを活用することでよりクオリティの高い文章が作成できるでしょう。

AIツールでリライトを行う3つのメリット

AIツールでリライトを行うメリットは以下の3点が挙げられます。

  • 作業時間を短縮できる
  • コスト(人件費)が抑えられる
  • キーワードの分析が可能

特に「費用」と「スピード」がメリットです。人間が1つ1つリライトするよりも作業時間が大幅に抑えられるため、大量のコンテンツを作成したい場合に向いているでしょう。

作業時間を短縮できる

AIツールのメリットとして、作業時間を短縮できます。

人の手で執筆や構成の作成を行うと、数時間〜数日程度の時間が必要です。なぜなら、リライト内容の調査から執筆まで全て手作業で行う必要があるからです。

一方でAIツールを利用すると、数秒〜数分程度で作業が完了します。浮いた時間を活用して記事のクオリティを高めることに注力できるでしょう。

コスト(人件費)が抑えられる

AIツールとライターの費用の差

クライアント目線のメリットですが、コスト(人件費)が抑えられる点があります。

記事作成を人に依頼する場合、1記事あたりの料金がかかってしまいます。しかし、AIは無料で作成できることが多く、有料でも人件費よりは抑えられるのです。

有料のAIツールでは、一定の文字数や記事数に対して定額で料金が発生する仕組みです。1記事ごとに料金が発生する人間に比べて圧倒的にコストはかからないでしょう。

キーワードの分析が可能

AIツールの中にはキーワード分析が可能なものがあります。

キーワード分析とは、キーワードの検索ボリューム、競合性や検索順位などを調査し、どのような施策を行うか検討することです。

リライトの場合、元記事では満足のいく結果にならなかった場合がほとんどでしょう。つまり、元記事よりクオリティの高い記事を作成するため、キーワード分析が重要です。

AIツールでリライトを行う5つのデメリット

AIツールでリライトを行うメリットは以下の5点が挙げられます。

  • 日本語が不自然な場合がある
  • オリジナリティ(独自性)のある文章の作成は難しい
  • 文章のクオリティを上げるためには有料のツールを使う必要がある
  • ユーザーのニーズを理解できない場合もある
  • 著作権侵害となる可能性がある

AIツールでは完璧なリライトができないことがほとんどです。つまり、最終的にはAIが作成した記事のチェック、手直しが必要になるでしょう。

日本語が不自然な場合がある

AIが生成した日本語は不自然な場合もあり、必ず自分の目でチェックする必要があります。

また、冗長な表現や難しい言葉を使用してリライトするケースもあるため注意が必要です。読者にとって読みやすい記事に仕上げるためには、最終確認を行い細かく調整する必要があるでしょう。

オリジナリティ(独自性)のある文章の作成は難しい

AIはWeb上の情報から文章を作成するため、オリジナリティ(独自性)を出しにくいです。

独自性を高めるためには、自分しか発信できない情報を記事に盛り込む必要があります。つまり、最終的には自分で考えた文章を追加する必要があるでしょう。

文章のクオリティを上げるためには有料のツールを使う必要がある

無料で利用できるツールもありますが、より精度の高い見出しを作成するには料金が発生し、ライターとしてコストがかさむ場合もあります。

ただし、有料のツールは作成スピードや精度が優れているため、コストの回収は可能です。

ユーザーのニーズを理解できない場合もある

AIはあくまで提示されたキーワードや見出しに沿った文章を作成するだけで、ニーズまで捉えて執筆するのは難しいとされています。そのため、生成された文章の中には読者にとって不要な情報まで記載されている可能性があります。

つまり、生成された文章をチェックし、自分で修正する必要があるでしょう。もしくはニーズに合うような条件を設定してから文章を生成する必要があるのです。

著作権侵害となる可能性がある

AIはWeb上の情報をまとめて記事を執筆するため、他記事に掲載された文章をそのまま利用してしまう可能性もあります。

他のメディアにある文章をそのまま使用するのは「著作権侵害」に該当します。コピペチェックツールを活用し、違反していないかチェックが必要です。

AIツールでリライトを行う場合のポイントは3つ

AIツールでリライトを行う場合のポイントは、以下の3点が挙げられます。

  • 執筆後に必ずチェックを行う
  • 独自情報を追加する
  • 必要に応じて画像の作成も行う

重要なのは。AIに任せるのではなく自分で手を加えることです。クオリティの高い記事を作成するためには、AIのみでは難しいでしょう。

執筆後に必ずチェックを行う

AIツールでリライトを行う場合は「執筆後に必ずチェックすること」が重要です。

AIでリライトを行うと、情報が正しくないことや不自然な日本語である場合があるため、人の目で確認して手直しすることが重要になります。

リライトしたコンテンツの情報が間違っているなど不備があっては記事のクオリティが下がってしまうため、必ず確認しておきましょう。

独自情報を追加する

AIツールでリライトを行う場合は、「独自情報の追加」が重要です。Googleが提示する「品質評価ガイドライン」の「E-E-A-T」では、経験(Experience)が検索順位に高い評価を与えると記載されています。

E-E-A-Tとは

また、オリジナリティのある記事がより評価されるため、自分で独自情報を追加することが重要です。このE-E-A-Tを考慮し、サイトの品質を高めることで記事の評価を上げられます。

必要に応じて画像の作成も行う

リライトの際は文章を作成するだけでなく、画像の追加も重要です。画像自体が独自の情報となり、記事全体のクオリティが上がります。

例えば、わかりにくい説明は図を入れるといった視覚的な工夫でより見やすくなるでしょう。

また、Googleでは「画像検索」ができるため、対策したい記事に独自の画像を入れておくとユーザーの流入が見込めます。

文章以外に改善できる要素があれば、積極的に実施してみてください。

まとめ

AIツールのリライトではタイトルと見出しの抽出、見出しに沿った本文の執筆、書き換えや校正が可能です。ライターにおける記事作成の負担が軽減され、SEO対策にも対応しています。

しかし、文章のクオリティを上げるためには、AIツールだけでは精度が足りません。人の手で調整を加えて独自の情報を追加する必要があります。

一方で基本的な文章の作成であればAIツールで対応可能です。独自情報の追加に時間をかけるために通常の記事執筆をツールに任せるのも1つの方法でしょう。

-AIライティング, ツール, ライティング