AIライティング Webライター ツール ブログ ライティング

AIでブログ記事作成が可能なツールのおすすめ8選|質の高い記事を作る方法も解説

今やあらゆる種類のAIが開発されており、専門知識がなくてもAIを利用できるようになりました。

そのなかでも特に注目されているAIが「文章生成AI」です。ChatGPTなどの文章生成AIでは、依頼事項を入力するだけでプロンプトに沿った文章を短時間で生成してくれる点が特徴です。

文章生成AIを利用することで、個人利用・企業ブログ問わず効率的に文章を作成できるため、記事作成の際に重宝されています。

この記事では「AIでブログ記事作成が可能なおすすめツール」や「AIで質の高い記事を作る方法」について紹介し、メリットと注意点を詳しく解説していきます。

AIでブログ記事を作成できるツールのおすすめ8選

ブログ記事作成を効率化するためのAIツールは、多忙なブロガーにとって革命的な存在です。

これらのツールは、時間の節約、品質の向上、SEO最適化などブログ運営のさまざまな側面で大きな助けとなります。

ここでは、記事のアイデアから文章作成・校正までをサポートするおすすめのAIツール8選を紹介します。

AI Writer:キーワード分析も対応したライティングツール

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerはブログ記事作成に特化したAIツールで、ユーザーが検索キーワードを入力するだけで、タイトルから本文までの記事を自動生成する機能を持っています。

特徴は高度なキーワード分析機能で、ユーザーが入力したキーワードに基づいて「検索ボリューム」「キーワードサジェスト」「上位記事サイト」といった項目を分析してくれます。

分析を行うことで、単に記事を作成するだけでなく、キーワードがSEOにおいてどのような位置づけにあるのかが把握できます

他にも検索エンジンでの可視性を高めるための戦略的なキーワード選定や、どのようなコンテンツが検索エンジンで評価されているのかも把握することが可能です。

このように、AI Writerは執筆作業の効率化だけでなく、戦略的なコンテンツマーケティングにも貢献するAIツールといえます。

Catchy:キャッチコピーやタイトルの作成も可能

Catchy
出典:Catchy
料金Free:無料
Starter:3,000〜8,100円(税抜)/月
Pro:9,800円(税抜)/月
Enterprise:要お問い合わせ
特徴機能ごとにクレジットを使用し生成する
生成可能な項目は100種類以上
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトCatchy公式サイト

Catchyは、AIを活用してブログ記事の作成やタイトル生成、キャッチコピーの作成など、様々な機能を提供するツールです。

特徴は多機能性にあります。記事作成だけでなく、タイトルやキャッチコピーを生成できるため、コンテンツの質を向上させると同時に、読者の関心を引きつけることが可能です。

Catchyのもう一つの特徴として利用しやすい料金体系があります。無料プランでは毎月10クレジットを受け取ることができ、クレジットを消費して様々な機能を利用可能です。

特に、大量のコンテンツを制作する必要がない個人ブロガーや小規模なビジネスオーナーにとって便利といえます。クレジット制により、ユーザーは必要に応じて機能を選択し、コストを抑えながらコンテンツを作成できます

Catchyは、使いやすさと柔軟な料金プランにより多くのユーザーにとってアクセスしやすいAIコンテンツ制作ツールといえるでしょう。ブログ記事の質を向上させたい、または効率的にコンテンツを制作したいと考えている方には、特におすすめのツールです。

ChatGPT:条件を自由に設定したい方向けのツール

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTはOpenAIによって開発されたAIツールで、ユーザーがチャット形式で質問やプロンプトを入力すると、それに応じた回答やコンテンツを生成してくれます。

特徴は、対話型でコンタクトを取れる仕様にあり、ユーザーは自然な会話形式でAIとやり取りを行いながら必要な情報を取得できます。

また、特定のプロンプトや条件を入力することで、より詳細かつカスタマイズされた見出しや記事を作成することが可能です。

GPT-4を搭載したChatGPTは月20ドルかかりますが、より複雑で高品質なコンテンツ生成が期待できます。そのため、ブログ記事やコンテンツ制作においてリサーチやアイデアの発想に有効といえるでしょう。

SAKUBUN:100種類以上のテンプレートに対応したライティングツール

SAKUBUN
出典:​​SAKUBUN
料金Free:無料
Personal:3,980円(税込)/月
Standard:9,800円(税込)/月
Enterprise:要見積もり
特徴生成したテキストを再編集してくれる
100種類のテンプレートに対応
文字数制限Free
月10,000文字(GPT-3.5のみ)

Personal
GPT-4:月10,000文字
GPT-3.5:月100,000文字

Standard
GPT-4:月100,000文字
GPT-3.5:無制限

Enterprise
GPT-4:カスタマイズ可能
GPT-3.5:無制限
日本語対応
公式サイトSAKUBUN公式サイト

SAKUBUNは、100種類以上のテンプレートに対応したAI記事作成ツールです。強みは、細かい条件設定がなくても手軽に利用できる点にあります。

さまざまなテンプレートから簡単な必要事項を入力するだけで質の高い記事を生成できます。

また、生成されたテキストはチャット形式で再編集が可能であり、細かい文章の調整やカスタマイズが得意です。

SAKUBUNは、多様なジャンルの記事を迅速に作成したいユーザーや、細かいニュアンスの調整を重視するユーザーに適しているといえるでしょう。

EmmaTools:競合調査にも特化

EmmaTools
出典:EmmaTools
料金for Personal:2,178円(税込)/月
for Personal+:6,578円(税込)/月
for Team:27,500円(税込)/月
for Team+:63,800円(税込)/月
※14日間の無料トライアルあり
特徴KW分析・競合調査をしながら執筆できる
文字数制限for Personal:月5本まで
for Personal+:月10本まで
for Team:無制限(分析機能は利用不可)
for Team+:全機能を利用可能
日本語対応
公式サイトEmmaTools

EmmaToolsは、キーワード分析や競合調査に特化した記事作成ツールです。特徴は、SEOに強い記事を作成するための機能が充実している点にあります。

対策したいキーワードを選定して上位サイトの構成を分析しながら、効果的な記事の作成が可能です。

また、既に公開されているコンテンツの分析やリライトにも対応しており、SEO対策を重視するユーザーにとって有用なツールといえます。

EmmaToolsは、特に競合分析やキーワード戦略に基づいた記事作成を行いたいユーザーに最適なツールです。

トランスコープ:画像の文章化や文字起こしにも対応

トランスコープ
出典:トランスコープ
料金Free:無料
Basic:11,000円(税込)/月
Pro:38,500円(税込)/月
Enterprise:66,000円(税込)/月
特徴画像の文章化や音声の文字起こしにも対応
文字数制限Free:4,000文字​​まで
Basic:50,000文字まで/月
Pro:250,000文字まで/月
Enterprise:66,000まで/月
日本語対応
公式サイトトランスコープ

トランスコープは、キーワードやURLを入力するだけで記事を執筆できるAIツールです。特徴は、ユーザーが指定した条件に基づいてGoogleの検索結果を参考にしながらコンテンツを生成する能力にあります。

また、画像に書かれた文字情報をOCR(光学文字認識)技術で読み取り、それを基に記事を執筆する機能を持っています。

さらに、音声ファイルの文字起こし機能も備えており、多様な入力形式に対応している点が大きな強みといえるでしょう。

特に多様なソースから収集した情報を基に記事を作成したいユーザーに適しています。

AIブログくん:手軽に使えるAIツール

AIブログくん
出典:AIブログくん
料金無料プラン:無料
Lite:8,200円(税込)/月
Starter:16,500円(税込)/月
※年間プランで割引あり
特徴記事内に画像を挿入してくれる
Googleへのインデックス送信も対応
文字数制限無料プラン:月3記事まで作成
Lite:月15記事まで作成
Starter:月50記事まで作成
日本語対応
公式サイトAIブログくん

AIブログくんは記事作成に特化したAIツールで、無料プランから複数の有料プランまで提供しています。無料プランでは月に3記事までLiteプランでは月に15記事Starterプランでは月に50記事まで作成可能です。

特徴は、記事内に自動で画像を挿入し、Googleへのインデックス送信にも対応している点にあります。これにより、SEO対策を意識したブログ記事の作成が容易になります。

年間プランでは割引が適用されるため、長期的に利用するユーザーにとってコストパフォーマンスが高いプランが選択可能です。

Notion AI:ドキュメントツール「Notion」で利用可能な生成ツール

Notion AI
出典:Notion AI
料金10ドル/月
※無料トライアルあり
特徴「Notion」のツール上で文章を生成する
校正や文法チェックなども可能
文字数制限なし
日本語対応
公式サイトNotion AI公式サイト

Notion AIは、人気のドキュメントツール「Notion」上で使用できるAI生成ツールです。

見出し作成だけでなく、校正などの機能も提供しています。生成した見出しを校正することで、日本語の不備を直すことが可能です。

Notion AIの強みはドキュメント作成とAI機能が統合されている点で「Notion」のプラットフォーム上で文章の作成から校正までを対応できます。

特に、Notionを既に利用しているユーザーや文書作成の効率化を図りたいユーザーにとって、便利といえるでしょう。

AIツールでブログ記事を作成する4つのメリット

AIツールを活用してブログ記事を作成することは、デジタルマーケティングにおいて主流となりつつあります。特に、次の4点がメリットとして挙げられます。

  1. リサーチにかかる時間を抑えられる
  2. 執筆にかかる時間を抑えられる
  3. 大量の記事を作成できる
  4. ライターを雇うよりコストが抑えられる

これらのAIツールは、多くの記事作成工程を効率化し、時間とコストの節約に大きく貢献しています。それぞれのメリットについて解説していきます。

1.リサーチにかかる時間を抑えられる

AIツールを使用することで、記事作成に必要なリサーチ時間を大幅に削減できます。

通常の工程では、キーワード選定、競合調査、記事の構成やタイトルの考案、執筆内容に関する詳細な調査を行う必要があります。

しかし、AIツールはこれらの工程のほとんどを自動化し、関連するデータを迅速に分析して適切なキーワードやコンテンツのアイデアを提供してくれます。

AIツールをうまく活用することで、ライターはコンテンツの質を上げるための別の作業に集中できるようになります。

2.執筆にかかる時間を抑えられる

AIツールは、数秒〜数分程度で大量の文章を生成できます。

人間がキーボードを使って文章を打つ速度は限られていますが、AIツールは瞬時に大量のテキストを生成可能です。そのため、長い記事や複数の記事を作成する際に、大幅な時間の節約が可能になります。

また、AIによる文章の生成後に人の手で微調整を行えば、記事全体の質を高めることも期待できます。

3.大量の記事を作成できる

AIツールを使用することでリサーチと執筆にかかる時間が大幅に削減されるため、人間が手作業で行うよりもはるかに多くの記事を短期間で作成可能です。

これはSEO対策やコンテンツマーケティングにおいて、多くの関連記事を迅速に公開する必要がある場合に大きなメリットとなるでしょう。

大量のコンテンツを効率的に生成することで、ウェブサイトのトラフィック増加や検索エンジンでの引っかかりやすさに直結するため大きなメリットといえます。

4.ライターを雇うよりコストが抑えられる

AIツールを使用することで、ライターを雇用するコストを削減できます。

通常、ライターには文字単価や記事単価で料金が発生しますが、AIツールは月額定額制であることが多く、無料で利用できるツールも存在します。

そのため、ライティングの量が多い場合にAIツールのコスト削減効果は顕著となります。

予算に制約のある中小企業やスタートアップにとって、AIツールは作業効率アップだけでなく、コストパフォーマンスの良い選択肢ともなるでしょう。

AIツールでブログ記事を作成する方法

AIツールでブログ記事を作成する方法はライターによっても様々ですが、一般的には同じような工程を踏んでいきます。

ここからは各工程ごとのポイントを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.記事タイトルの作成

ChatGPTのタイトル生成方法
出典:ChatGPT

ブログ記事を作成する上で、記事タイトルの選定は必須です。

まずは記事タイトルを作成するための条件を洗い出し、プロンプトを作成しましょう。

一般的に記事タイトルを選定する際は、「文字数」「入れたいキーワード」「記事の目的」が明確にわかるように条件を指定してあげます。

AIツールを利用して記事タイトルを作成する場合は、必要な条件はすべてプロンプトにして提示するとよいでしょう。

2.見出しの作成

AIツールでは記事タイトルに沿った見出しを作成し、記事全体の構成をデザインしていきます。

AI Writerの見出し作成
出典:AI Writer

ユーザーは記事の大まかな内容やセクションのテーマをAIに伝えることで、関連性が高く読者の関心を引く見出しを作成できます。

生成AIは、記事の主題に沿ったキーワードを適切に組み込みながら読者が理解できるような見出しを提案してくれるでしょう。

3.本文の執筆

AIツールを使用した本文の執筆は、記事のタイトルや見出しに基づいた内容を詳細に書き出していく作業工程です。

chatGPTの文章生成例
出典:ChatGPT

上記は、ニーチェという哲学者の言葉をAIに説明してもらうためのプロンプトです。

ただ「説明して」と命令するのではなく、何文字程度で説明して欲しいのかまでをAIが理解できるように命令しています。

このように必要な条件を指定してあげることは重要です。特に記事作成においては見出しに沿った内容」「特定のキーワードが入れ込まれた内容」「文脈」を細かく指定してあげることでより質の高い本文を生成できます

運営するサイトの表現や言葉遣いも踏襲させたい場合は、参考となる文章を繰り返し学習させることで実現可能です。

うまくAIツールを利用できれば、本文執筆の大幅な時間削減が実現できるでしょう。

AIツールでブログ記事を作成する際の注意点

AIツールでブログ記事を作成する際の注意点として以下の4点が挙げられます。

  • 不自然な日本語や文法の間違いが発生する可能性がある
  • 情報が間違っている可能性がある
  • オリジナリティのある記事作成は難しい
  • 著作権に違反していないか確認する必要がある

AIは作業の効率化を可能にしますが、100%完璧に作業をこなせるということではありません。そのため、細かな作業や確認観点は人の手を使う必要がある点に注意が必要です

不自然な日本語や文法の間違いが発生する可能性がある

AIツールによる記事作成では、不自然な日本語表現や文法の間違いが発生する可能性があります。

これは、AIが言語の微妙なニュアンスや文化的背景を完全に理解していないために起こってしまいます。そのため、AIによって生成された記事は公開前に人間による校正が必要です。

校正では、不自然な表現や文法の誤りを修正し記事の品質を向上させることが重要です。

全ての作業をAIツールを頼り、間違った文章のまま公開してしまうと、訪てくれたユーザーの離脱に繋がってしまう可能性があるため注意しましょう。

情報が間違っている可能性がある

AIツールが生成した情報が間違っている可能性があります。

AIツールは、利用可能なデータベースや学習した情報、インターネット上に公開されているコンテンツに基づいて記事を生成します。しかし、インターネットの情報が常に正確であるとは限りません。

特に専門的なトピックや最新の情報に関しては、誤った情報を提供するリスクが高いです。

AIによって生成された記事に含まれる事実やデータは、信頼できる情報源を用いて確認し、必要に応じて修正することが大切といえるでしょう。

オリジナリティのある記事作成は難しい

AIツールは既存のデータや情報に基づいて記事を生成するため、完全にオリジナルな内容を作成することは難しいといえます。

AIが生成する記事は一般的な情報や既知の知識に基づく傾向があり、独自の視点や創造的なオリジナルのアイデアを含むことは少ないです。

そのため、ブランドや個人の独自性を強調したい場合には、AIの記事に人間の編集者が独自の視点や情報を加えることが重要といえるでしょう。

著作権に違反していないか確認する必要がある

AIツールを使用して記事を作成する際には、著作権の問題にも注意が必要です。

AIはインターネット上の既存のコンテンツを参考にして記事を生成することがあるため、著作物のコピペや引用が含まれる可能性があります。

これによって、著作権を侵害するリスクが生じるため、AIによって生成された記事は著作権に違反していないかを確認することが重要です。

確認のためにはコピペチェックツールを使用して記事のオリジナリティを確認し、必要に応じて修正しましょう。

AIツールで質の高いブログ記事を作成する5つのポイント

AIツールを活用して質の高いブログ記事を作成する際にはいくつかの重要なポイントがあります。

  • キーワードの分析、競合調査を行う
  • AIが作成したコンテンツをチェックする
  • ニーズに合った記事がどうかチェックする
  • 独自性(オリジナリティ)を加える
  • 公開した記事を定期的に分析する

上記のポイントを押さえることで、SEOに強く、読者に価値を提供するコンテンツを作成することが可能です。

キーワードの分析、競合調査を行う

ブログ記事作成においてキーワードの分析と競合調査は重要です。特定のキーワードに関して競合が強い場合、記事を作成しても検索結果での上位表示が難しいことがあります。

AIツールの中には記事作成だけでなくキーワード分析機能を備えたツールもあるため、活用しましょう。

AI Writerのキーワード分析
出典:AI Writer

分析機能を備えたAIツールでは、キーワードの難易度、検索ボリューム、関連キーワードが表示され、競合サイトの見出しやタイトルを一覧で比較する機能が提供されています。

つまり、キーワード分析も行うことで、ターゲットキーワードの選定や記事の方向性を決定する際に役立つといえます。

AIが作成したコンテンツをチェックする

AIによって作成された記事は、情報が間違っている場合や日本語・文章が不自然な場合があります。そのため、人間の目によるチェックが不可欠といえます。

また、簡単な校正・校閲に対応するAIツールも存在します。基本的な校正であればAIが素早く正確に行ってくれるため活用しましょう。

重要なのはAIが作成した記事をそのまま公開せずに手直しを行うことです。手直しを行うことで、記事の品質を向上させ、読者にとって価値のあるコンテンツを作成できます。

ニーズに合った記事がどうかチェックする

AIは読者のニーズを完全に理解することが難しいため、コンテンツ作成後はニーズに合った記事かどうかをチェックすることが重要です。

潜在ニーズと顕在ニーズの違い

ターゲットは誰か、記事の雰囲気はそのターゲットに合っているか、キーワード検索する意図(悩み)を解決できるような記事になっているかどうかを検討します。

AIで作成した記事を人の手で分析することでより質の高いコンテンツを生み出すことが可能になります。

独自性(オリジナリティ)を加える

独自性(オリジナリティ)はSEOにとって非常に重要です。Googleの検索品質評価ガイドラインで定義されている「E-E-A-T」では、独自性の重要さについて提唱されています。

E-E-A-Tとは

E-E-A-Tの「経験」や「専門性」を加えることで、独自性の高いコンテンツを作成できるといえるでしょう。

例えば、自社の経験や専門知識を記事に反映させる、業界の最新トレンドや独自の視点を提供するなどといった方法があります。

オリジナリティがある記事はSEO的に評価される記事の対象となるため、積極的に追求していかなければならないポイントです。

公開した記事を定期的に分析する

記事を公開した後もそのパフォーマンスを定期的に分析することが重要です。

検索順位やアクセス数などのデータを基に、記事を評価しましょう。順位やアクセス数が低い場合は、記事のリライトや内容の改善が必要です。

分析と改善を行うことにより、記事のパフォーマンスを向上させ、SEO効果を高めることができます。

まとめ

AIツールによる記事作成は、ライターにとって非常に有益なものとなります。

作業を効率化できれば別の作業にも集中することができるため、より質の高いコンテンツを作成できるようになります。

また、一定品質の記事が短時間で作成できるため、人件費や労働費などコストパフォーマンスの面でも貢献してくれます。

一方で、AIの作成した記事には誤記や誤情報が含まれている可能性があるため、人間による最終チェックが必要です。

AIツールをうまく取り入れながら、質の高い記事を作成していきましょう。

-AIライティング, Webライター, ツール, ブログ, ライティング