AIライティング SEO対策 ツール

AIツールでSEO対策する際のポイントは?おすすめのライティングツールも紹介

「AIでSEO対策ができるおすすめのツールが知りたい」
「ツールを利用するメリットや注意点について知りたい」

SEOライティングに取り組む上でAIを活用したいと考えている方の中には、このように思われている方もいるでしょう。

当記事では上記の悩みを解決していきます。

記事を最後まで読んでいただければ、AIでSEO対策ができるおすすめのツールや、利用するメリット・注意点などについて理解し、納得できるツールの選定ができるかと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

SEO対策の種類

SEO対策の種類には、以下表のように「コンテンツSEO」「外部対策」「内部対策」の3つがあります。

対策種類対策方法
内部対策クロールやインデックスを促進する
HTMLタグ最適化
内部リンク構築および最適化
構造化マークアップ活用
ページエクスペリエンスの改善
外部対策関連性の高いサイトからの被リンク(バックリンク)の獲得
評判や口コミなど好意的に言及されたサイテーションの獲得
SNS(ソーシャルメディア)やプレスリリースなどの算出・情報発信
コンテンツSEO検索意図およびターゲットユーザーを明確にした高品質なコンテンツの作成
独自データなど一次情報を含めオリジナル性の向上
検索ニーズに合致したキーワードの最適化
E-E-A-Tを満たした内容およびサイトの構築
過去記事のメンテナンス(最新情報へのアップデート)

AIツールでは主に、コンテンツSEOの中の「検索意図およびターゲットユーザーを明確にした高品質なコンテンツの作成」ができます。

AIでSEO対策する際に重要な3つのポイント

SEO対策する際には、ユーザーに対して高品質となるコンテンツを提供をすることが重要です。

AIでSEO対策する際に重要なポイントは、以下3つです。

  • ユーザーの検索ニーズを満たしているか?
  • コンテンツとキーワードとの関連性が高いか?
  • E-E-A-Tの基準を満たしているか?

そのため、AIツールを使う場合は、上記3点のポイントを満たせるようにコンテンツを作成しましょう。

ユーザーの検索ニーズを満たしているか?

検索エンジンにおけるアルゴリズムでは、ユーザーが持つ検索ニーズを満たしたコンテンツが上位に表示される設計になっています。そのため、問題意識の分析やキーワードリサーチにより、ユーザーが求めている情報をしっかりと把握し、顧客満足度の高いコンテンツ作成が重要です。

また、記事が読みやすくて簡潔になっていること、誰が見ても検索エンジンが分かりやすいコンテンツを作成することも大切なポイントです。

コンテンツとキーワードとの関連性が高いか?

SEO対策では、キーワードがしっかりとコンテンツと関連のあるものになっているか確認する必要があります。キーワードとコンテンツの関連性が低い場合、読者が違和感を感じてしまう可能性が高いです。

しかし、顧客が求める情報に対し最適な記事かどうかはキーワードが大きく影響してきます。

そのため、キーワードを入れることは必要不可欠ですが、コンテンツとの関連性もしっかりと考えた上で挿入するようにしましょう。

E-E-A-Tの基準を満たしているか?

SEO対策では、E-E-A-Tの基準を満たしているかも重要なポイントです。

E-E-A-Tとは

E-E-A-Tとは、Experience「実体験」Expertise「専門性」Authoritativeness「権威性」Trustworthiness「信頼性」の頭文字を取った言葉です。

SEOで「E-E-A-T」が重要な理由は、Googleの検索エンジンでは、優れたコンテンツに対しランク付けされる仕組みだからです。はじめに関連のあるコンテンツを特定し、その後に最も役立つとGoogleに判断されたコンテンツから順に優先順位が付けられます。

この優先順位を付けるために、どのコンテンツがE-E-A-Tの4つに優れているかが利用されるため、E-E-A-Tの基準を満たしているかは非常に重要なポイントです。

しかし、AIつ0るのみでE-E-A-Tの基準を満たすことは困難ですので、生成された記事に自分の手でオリジナリティを加える必要があります。

AIツールでSEO対策を行う4つのメリット

AIツールでSEO対策を行うメリットは、以下4つです。

  • 時間を短縮できる
  • 一定の品質が確保できる
  • 人件費を削減できる
  • 複数のアイデアを発案してくれる

時間を短縮できる

AIツールでSEO対策を行う事で、コンテンツ作成にかかる時間を短縮できます。単純な執筆作業であれば、人間がコンテンツを作成するよりも、ツールを利用しAIに任せることで、執筆時間を短くすることが可能です。

AIツールでは必要事項を入力するだけで、数分といった短い時間で記事を生成できます。

そのため、人間が一から記事執筆を行う際に必要になる時間や工数をかけずに、記事の作成で必要な準備や調査を行うだけで、執筆可能です。

時間を短縮できることにより、同じ時間で大量の記事が作成できたり、執筆に充てていた時間を他の作業に使ったりといった恩恵が得られます。

一定の品質が確保できる

AIツールで記事を執筆することで、一定品質のコンテンツが確保できます。

人間がコンテンツを生成する場合、執筆する人のスキルによって品質が変わってしまいます。万が一、執筆担当者がSEO対策の知識が不足している場合、上手くSEO対策できず品質が下がってしまう可能性があります。

コンテンツ毎で品質が変わってしまうと、顧客満足度を向上させることが難しく、信頼性にも繋がる可能性が高いです。

しかし、AIツールを利用すれば、常に一定以上の品質で記事を生成できるため、安定して記事を出し続けられるでしょう。

人件費を削減できる

SEO対策でAIツールを利用することで、人件費を削減できます。AIツールを利用せず、人間の手により記事を執筆しようと思うと、以下3種類の人件費がかかってきます。

  • ライティング費用(ライター)
  • 記事の校正、チェック(ディレクター)
  • 記事公開後の分析(マーケター)

AIツールを活用し記事を生成することで、ライター費用を大きく削減できます。特に、ライターは1記事ごとに料金がかかりますが、AIツールであれば無料もしくは定額料金で運用可能です。

AIツールとライターの費用の差

削減できたライター費用を、記事の品質向上に繋がる他のコストに使用することも可能です。

複数のアイデアを発案してくれる

利用するツールによっては、見出しやタイトルなど、複数のアイデアを発案してくれるツールもあります。

上記画像のように、同じキーワードであっても、さまざまな見出しやタイトルが選べます。そのため、複数の案から1つ選択するのも、複数の案を組み合わせてオリジナルのコンテンツを作成することも可能です。

つまり、選択肢が多いことで独自性を持たせたり、より希望に近い記事を作成できたりします。

AIでSEO対策する際の注意点

結論として、SEO対策でAIを利用する際は、AIにすべて任せっきりにせず、自分でも対策することが大切です。

SEO対策でAIを利用する際は、以下3点に注意しましょう。

  • AIが作成したコンテンツをチェックする
  • 人の手で独自性を加える
  • 公開した記事を定期的に分析する

AIが作成したコンテンツをチェックする

人間が執筆する際も同様ですが、AIが執筆した場合でも間違えた情報を提供してしまう可能性があります。

また、日本語がおかしくなり、文章に不備が発生することなども考えられるため、最後には必ず自分でチェックするようにしましょう。

文章の違和感や誤字は、顧客に不信感を与えてしまう可能性があります。

人の手で独自性を加える

前述したように、SEO対策ではE-E-A-Tの基準を満たしていることがポイントになってきます。

AIツールを利用した執筆では、似たような記事が多くなりがちであり、他の記事と比べ差別化するのが困難です。そのため、E-E-A-Tを意識しつつ、自分で独自性を加えるようにしましょう。

もし他のコンテンツでもAIツールが利用されていた場合、優先順位は独自性などで判断されてきます。

公開した記事を定期的に分析する

記事を公開してから何もしないでいると、いつまで経っても記事の品質は向上しません。そのため、公開した記事は検索順位やアクセス数などを分析し、改善が必要です。

公開記事を分析できる機能を搭載したツールを利用し、自社内でなぜ検索順位で上位になれたのか、アクセス数が増えたのかといったことを検討し分析・改善を繰り返し行いましょう。

場合によっては記事そのもののリライトが必要になる可能性があります。公開して終わりにせず、より良い記事となるよう手を加えていきましょう。

AIでSEOライティングに対応したツール6選

AIでSEOライティングに対応したツールを6つ紹介します。

SEOライティングの効果を高めるためには、それぞれのツールの特徴を理解し、目的に合ったツールを選ぶことが重要になります。各ツールの特徴をしっかりと抑えておきましょう。

AI Writer:見出しから本文まで全て対応したツール

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerでは、検索キーワードを入力するだけで、見出しだけでなく、タイトル・本文の作成が可能です。キーワードの分析機能が充実している特徴があり「難易度」「検索ボリューム」「キーワードサジェスト」「上位記事サイト」の4つから分析できます。

執筆だけでなく、キーワードの分析も合わせて行いたい場合におすすめのツールです。

また、登録から7日間であれば、無料で試せるサービスもあります。操作性など実際に試してから導入したいという方は、積極的に無料トライアルを活用しましょう。

Catchy:使いたい機能のみ使える「クレジット制」を採用したツール

Catchy
出典:Catchy
料金Free:無料
Starter:3,000〜8,100円(税抜)/月
Pro:9,800円(税抜)/月
Enterprise:要お問い合わせ
特徴機能ごとにクレジットを使用し生成する
生成可能な項目は100種類以上
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトCatchy公式サイト

Catchyでは、記事作成やタイトル生成、キャッチコピーなど様々な機能が利用できるツールです。無料プランでは毎月10クレジットをもらうことができ、クレジットを消費して様々な機能が利用できます。

月に10クレジットがもらえるため、急いでツールを導入したいといった理由がなければ、時間をかけて様々な機能を実際に利用した後に判断することが可能です。

機能ごとにクレジットを生成でき、生成できる項目は100種類以上と非常に豊富なため、最適な記事の生成ができる可能性が高いです。

ChatGPT:条件を自由に設定してさまざまな文章を作れる

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTでは、チャット形式で質問を入力することで、回答が得られる特徴があります。

プロンプト(条件)を入力することで、より詳細な見出しを作成できるため、詳細条件を指定し記事が作成したいという方におすすめです。

GPT4はGPT3.5に比べ有料になるものの文字数が増加するなど、より高性能なサービスが利用可能です。

そのため、利用の際はGPT3.5でも機能が足りるのか、GPT4にした方が良いのか費用対効果をしっかりと検討することで、無駄なコストを削減できます。

SAKUBUN:100種類以上のテンプレートに対応したライティングツール

SAKUBUN
出典:​​SAKUBUN
料金Free:無料
Personal:3,980円(税込)/月
Standard:9,800円(税込)/月
Enterprise:要見積もり
特徴生成したテキストを再編集してくれる
100種類のテンプレートに対応
文字数制限Free
月10,000文字(GPT-3.5のみ)

Personal
GPT-4:月10,000文字
GPT-3.5:月100,000文字

Standard
GPT-4:月100,000文字
GPT-3.5:無制限

Enterprise
GPT-4:カスタマイズ可能
GPT-3.5:無制限
日本語対応
公式サイトSAKUBUN公式サイト

SAKUBUNでは、100種類以上のテンプレートに対応しているため、細かい条件がなくても手軽に使用可能です。生成したテキストをチャット形式で再編集することもできるため、細かい文章の調整が得意という特徴があります。

そのため、大まかな執筆はAIに執筆してもらい、一部を再編集したい場合などにおすすめです。

AIツールでは文章表現を気にされる方も少なくありませんので、生成されたテキストに対しチャット形式で再編集できるのは、魅力的なポイントでしょう。

EmmaTools:競合調査もできるツール

EmmaTools
出典:EmmaTools
料金for Personal:2,178円(税込)/月
for Personal+:6,578円(税込)/月
for Team:27,500円(税込)/月
for Team+:63,800円(税込)/月
※14日間の無料トライアルあり
特徴KW分析・競合調査をしながら執筆できる
文字数制限for Personal:月5本まで
for Personal+:月10本まで
for Team:無制限(分析機能は利用不可)
for Team+:全機能を利用可能
日本語対応
公式サイトEmmaTools

Emma Toolsは、キーワード分析や競合調査に対応した記事が作成できるツールです。対策したいキーワードの選定や上位サイトの構成を比較しながら記事を作成したい場合に向いています。

公開済みコンテンツの分析やリライトにも対応しているため、分析を繰り返し、よりSEO対策の施された記事執筆や、理想記事に近いレベルでの記事作成が可能です。

14日間であれば無料で試せる期間も用意されていますので、実際に試したうえで導入すれば、導入後に思っていたサービスと違ったというミスマッチを防げます。

トランスコープ:画像の文章化や文字起こしにも対応

トランスコープ
出典:トランスコープ
料金Free:無料
Basic:11,000円(税込)/月
Pro:38,500円(税込)/月
Enterprise:66,000円(税込)/月
特徴画像の文章化や音声の文字起こしにも対応
文字数制限Free:4,000文字​​まで
Basic:50,000文字まで/月
Pro:250,000文字まで/月
Enterprise:66,000まで/月
日本語対応
公式サイトトランスコープ

トランスコープとは、キーワードやURLを入力して記事の執筆ができるツールです。文章の条件を与えたり、Googleの検索結果を基にコンテンツを生成することもできます。

また、画像に書かれている文字情報をOCRで読み取って、執筆できるという機能が特徴があり、音声ファイルの文字起こしも可能です。そのため、画像や音声などの媒体を利用し記事を執筆したい方に向いています。

また、無料プランでも4,000文字まで対応していますので、4,000文字程度の記事で一度試してみるのもおすすめです。

SEO対策でAIを活用する3つの方法

SEO対策でAIを活用する方法は、以下3つです。

  • キーワードの調査・選定
  • 記事のリサーチ
  • 記事の叩き台の作成

キーワードの調査・選定

キーワード選定の方法は、以下3つです。

  • 検索ニーズのあるキーワードを選ぶ
  • 競合性と検索ボリュームを考慮する
  • キーワードを細分化したテールワード(ロングテールキーワード)を選定する

キーワード分析では、分析ツールを利用することで簡単に分析が行えます。

また、上記画像から分かるように、キーワードの難易度や検索ボリューム、クリック数などについて知ることも可能です。

検索ボリュームが多いキーワードほど、よく検索される分、記事が多く難易度も高いものが多くなります。

記事のリサーチ

わからないことを調べるのために、AIツールを活用することも可能です。例えば、ChatGPTは自分のデータベースから必要な情報を引き出し、説明してくれます。

出典:ChatGPT

ただし、AIツールが提供する情報には、誤った内容・偏った意見を含むデータや最新でないデータも含まれる場合があります。そのため出力結果はそのまま使わずに、必ずチェックをしてから使うようにしましょう。

記事の叩き台の作成

SEO対策でAIを活用する際は、タイトルの原案作成・見出しの原案作成・記事の執筆などをAIに任せる方法がおすすめです。

AI Writerのタイトル生成

ライティングでは、この基礎部分にかかる時間が多い傾向にあり、また、検索キーワードなどデータを活用する執筆はAIの方が効率よく行えます。

そのため、上記のような基本業務をAIに任せ、日本語のミスやE-E-A-Tなどの基準を満たしているかなどのブラッシュアップを人間の手で行うようにしましょう。

まとめ

AIでSEOライティングに対応したツールには、さまざまなものがあります。

それぞれのツールにより、特徴や利用できる機能、料金が異なります。そのため、利用を検討されている方は各ツールの違いを理解した上で、自分に合ったツールを選ぶことが大切です。

SEO対策でAIを活用することで、執筆時間が短縮できたり、記事の品質を保てたりといったメリットが得られます。

今回紹介した重要ポイントや注意点を理解することで、より納得できるAIツールの活用が可能になるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

当記事を参考に、より効率的に業務をこなせるよう、ツールを活用してSEO対策に取り組んでみましょう。

-AIライティング, SEO対策, ツール