AI Writer

AIで記事作成おすすめのツール8選を紹介!利用するメリットやデメリットは?

ブログの運営やライター業などは、人の手で記事作成を行ってきましたが、AIによる記事作成も行われるようになってきています。AIを活用して記事を作成したいという人は多いでしょう。

しかし、AIを上手く活用しなければ、効率性や記事の品質が悪くなってしまうことに繋がります。この記事では、Aiを活用したい方のためにおすすめのツールや利用するメリット・デメリットを紹介していきます。

今後、AIを活用して記事作成をするつもりならば、参考になると思うので、ぜひ最後まで読んでください。

AIで記事作成におすすめのツール8選

AIで記事作成におすすめのツール10選

AIが記事作成をしてくれるおすすめのツールがこちらです。

  • ChatGPT
  • Catchy
  • ELYZA Pencil
  • PlayAI
  • Articoolo
  • Transcope
  • BuzzTai
  • Notion AI

ツールそれぞれに特徴があり、利用金額も異なっているので、自分にあったツールを探してみてください。また、AIを使ったライティングツールについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になるでしょう。

https://ai-writer.jp/post/writing/ai/osusume-aiwritingtool/

ChatGPT

ChatGPT
出典:ChatGPT

ChatGPTは、OpenAIが開発した人工知能(AI)モデルの一つです。自然な対話形式での文章生成を特徴としており、ユーザーが自然な会話の流れで文章を生成できます。

ChatGPTを記事作成に活用することで、効率的な記事制作が実現でき、記事作成にかかる時間の大幅な短縮が可能となるでしょう。また、専門知識や経験が不要なため、ニーズに合わせた文章を簡単に作成できます。

さらに、無料での利用できる点も特徴です。しかし、有料プランにすることでより高性能な「GPT-4」の利用が可能になったり、優先的にサポートを受けられるようになったりします。有料プランの金額は、月額20ドル(約2,900円)です。

>>ChatGPTの公式ウェブサイトはこちら

Catchy

Catchy
出典:Catchy

Catchyは、キャッチコピーや記事作成などビジネスの場面だけでなく、LINEやメールの返信など普段の生活でも役立つAIライティングツールになります。

Catchyは、他のAIライティングツールとは異なり、自然な文章で記事作成できるので、利用しやすいことが特徴です。10回文書を生成するまでは無料で、無制限に使いたい方は月額9,800円の料金がかかります。

人の目を引く文章や自分では思いつかないような文章を作成してくれるので、SNSを活用したいブロガーや公式LINEの友達を増やしたい方におすすめのAIライティングツールです。

まずは、無料で使用してみて、使用し続けたいと感じたら料金を支払って制限なく利用しましょう。

>>Catchyの公式ウェブサイトはこちら

ELYZA Pencil

ELYZA Pencil
出典:ELYZA Pencil

ELYZA Pencilは、記事を作成するよりも文法のチェックや文章の自動修正などの記事作成の支援を得意としたツールです。主にエンジニアやライター、学生から支持されており、高い精度とスピードで文章の品質向上を図ります。

また、対応している言語は日本語の他に英語や韓国語といった様々な言語に対応しているので、企業でも徐々に採用され始めています。

利用料金はこちらです。

  • ベーシックプラン(10回まで):無料
  • プラスプラン(100回まで):約800円
  • プロプラン(1000回):約2,500円

そこまで多用しないのであればコストを掛けること必要がないので、誰でも利用可能です。まだAIライティングツールを使ったことがない方や興味がある方は1度利用してみてください。

>>ELYZA Pencilの公式ウェブサイトはこちら

PlayAI

PlayAI
出典:PlayAI

PlayAIは、自然言語処理技術を使って読者が求めるニーズやキーワードに合わせて効率的に記事を書き上げられるAIライティングツールです。

PlayAIには、記事作成の他にも以下のような機能があります。

  • 文章チェック
    機械学習を使い、正しい文法と文書構造を維持しながら、自然な文章を生成。
  • アイデア提供
    ターゲットとなる観客、目的、キーワードなどから、記事のアイデアを提供。
  • キーワード検索
    ユーザーが任意のキーワードを入力すると、そのキーワードに関する情報を集め、記事の内容に反映する。
  • データ収集
    プログラムが自動的にWeb上の関連記事のデータを収集し、記事の展開を支援。

ライターは自分で情報を収集しなくて良いため、時間の節約や正確性の向上、読み手に対して魅力的で価値のある記事の提供が可能になります。無料で利用できるので、興味のある方は1度利用してみてください。

>>PlayAIの公式ウェブサイトはこちら

Articoolo

Articoolo
出典:Articoolo

Articooloは、記事作成に特化したツールで、キーワードを入れることで自動的に記事を生成できるため、多くのWebライターが役立てられます。

特徴としては、AIが自動的に文法や表現のルールを適用し、一貫性のある文章を生成できる点です。読みやすくプロフェッショナルな記事を作成できます。

さらに、元々アメリカで作られたツールであることから複数の言語による記事作成も可能です。そのため、国際的なウェブサイトのコンテンツ作成においても役立ちます。

利用料金がこちらです。

  • 10 記事:19ドル(約2,800円)
  • 50 記事:75ドル(約11,000円)
  • 100 記事:99ドル(約14,000円)
  • 1ヶ月30記事まで:29ドル(約4,300円)
  • 1ヶ月100記事まで:49ドル(約7,200円)
  • 1ヶ月250記事まで:99ドル(約14,000円)

>>Articooloの公式ウェブサイトはこちら

Transcope

Transcope
出典:Transcope

Transcopeは、ChatGPT(GPT-4)を搭載したツールです。スキルや知識を持たずとも文章を作成できるため、初心者のライターでも簡単に利用できます。

サイトに既にある記事とトンマナを一致させるために「丁寧語に統一させる」なども可能なので、普段書いていた記事に合わせてルールや文章のイメージを伝えやすいツールです。

初期費用は0円で利用できますが、より機能が充実している有料プランも検討してみましょう。

有料プランの料金と機能についてはこちらです。

料金特典
11,000円 /月50,000文字/月の生成
全機能利用可能
検索順位調査:10ワードまで登録可能
情報学習:10,000文字まで可能
内部リンク提案:月3回まで可能
文字起こし:5分の長さまで無料
サポート:メール
38,500 /月250,000文字/月の生成
全機能利用可能
検索順位調査:100ワードまで登録可能
情報学習:10,000文字まで可能
内部リンク提案:無制限
文字起こし:5分の長さまで無料
サポート:メール・電話・打ち合わせ
66,000 /月600,000文字/月の生成
全機能利用可能
検索順位調査:1,000ワードまで登録可能
情報学習:10,000文字まで可能
内部リンク提案:無制限
文字起こし:5分の長さまで無料
サポート:メール・電話・打ち合わせ

>>Transcopeの公式ウェブサイトはこちら

BuzzTai

BuzzTai
出典:BuzzTai

BuzzTaiは、キーワードリサーチや競合分析、コンテンツ戦略の立案などデジタルマーケティングのためのツールです。商品のコピーや企画書、Web広告など幅広い場面に適したテキストを20カ国以上の言語で作成可能です。

作れるコンテンツは以下の通りになります。

  • YouTube企画
  • TikTok企画
  • Instagram企画
  • X(旧Twitter)企画
  • Facebook企画
  • Pinterest企画
  • MailChimp企画
  • LINE企画

無料であらゆるテキストコンテンツを簡単に自動生成できます。ライティングに使っていた時間を削減できるようになるので、ぜひBuzzTaiを利用してみてください。

ただ、継続的に利用するには、月払いで3,000円~8,630円かかります。お試しで利用して気に入ったら、有料プランに入りましょう。

>>BuzzTaiの公式ウェブサイトはこちら

Notion

Notion
出典:Notion

Notionは、ノートやメモを作成し、プロジェクト管理やタスク管理などを行える複合型のツールです。最大の特徴としては、ドキュメントやスプレッドシートなどの機能をひとつのアプリに統合した点にあります。

複数人での共同作業も可能で、共有したノートやカレンダーを同期できることから、チームでのプロジェクト管理や企画書の作成にも活用できるでしょう。また、絵を描くためのツールや音楽を作るためのツールであるNoteflightなども実装されており、創造的なアイデアを記録するのに非常に便利です。

Notionは無料で利用可能ですが、将来的には有料にすると明かしています。

登録方法は簡単で、公式ウェブサイトにアクセスしてアカウント作成を行い、必要事項を入力していくだけなので、無料のうちに利用してみましょう。

>>Notionの公式ウェブサイトはこちら

AIを活用した記事作成のメリット3つ

AIを活用した記事作成のメリット

AIを使って記事作成を行うメリットがこちらです。

  • 自動化による時間短縮
  • SEO対策が可能
  • アイディアやヒントを得られる

メリットをわかったうえで、AIを利用することで最大限活かせるので、しっかり確認しましょう。

自動化による時間短縮

AIを使用することで、高速かつ効率的に文章を生成できるようになるため、記事作成にかかる時間を大幅に削減できます。

記事を作成するとなれば、「キーワード選定➔リサーチ➔記事構成➔記事作成➔推敲」といった流れが必要になるはずです。しかし、AIに任せれば、人が行うのはキーワード選定と推敲だけとなります。

記事作成の時間短縮が可能となれば、記事の大量生産だけでなく、他のビジネスに時間を使えたり、プライベートの時間が増えたりと自由に使える時間が大幅に増えるでしょう。

SEO対策が可能

AIライティングツールは、指定したキーワードを元に適切な情報を入れて記事作成をしてくれます。他記事との差別化を図りつつも読者にとって有益な内容となるので、必然的にSEO対策も行われます。

また、定期的なアップデートによって、最新のSEO対策やトレンドに合わせた記事が作成可能となるので、公開した記事の検索順位が急激に落ちるといったことにはなりづらいです。

ただし、SEO対策は、人の手による対策も重要です。しっかりとSEO対策を行いたいならば、以下の記事もあわせてご覧ください。

アイディアやヒントを得られる

AIが作成した記事は、文章を作成するうえでのアイディアになることがあります。

興味のないジャンルや知識が乏しいジャンルの記事を書く場合は、どの情報を参考にしてすればいいのか判断が難しいです。しかし、AIを利用することで執筆のヒントとなる文章を作成してくれるので、記事作成を進めやすくなります。

初めてのジャンルの記事を書くことは、多くの人にとって難しいことですが、AIを活用して初めてのジャンルの仕事にも挑戦していきましょう。

AIを活用した記事作成の注意点3つ

AIを活用した記事作成の注意点3つ

AIを使って記事作成を行う注意点がこちらです。

  • 正しい情報が記載されているとは限らない
  • 記事のクオリティが低下する可能性がある
  • オリジナリティが失われる

Aiは便利ではありますが、しっかりデメリットも存在しており、全てを任せないのが現状です。そこで、デメリットの内容や対処法を書いていきます。

正しい情報が記載されているとは限らない

AIによる記事作成は、嘘の情報が書かれていることがあります。そのため、記事作成後に情報が正しいかどうか確かめなければいけません。

もし、嘘の情報のまま記事を公開してしまうと、サイトの信用性が下がってしまうので、Googleからの評価も下がりやすくなります。AIで記事作成を行ったあとは、必ず情報のチェックを行いましょう。

また、記事の内容だけでなく、見出し自体に誤りがある可能性もあるので、見出しから疑う必要があります。例えば、本を紹介している記事だと、存在しない本が見出しとなって文いるなどです。他にも、正しい情報だったとしても情報が古すぎて、最新の情報と異なっている場合があるため、注意しましょう。

記事のクオリティが低下する可能性がある

AIが文章を生成する際には、機械的なルールや統計的なデータに基づいて生成されるため、文体や表現にクオリティの低下が生じる可能性があります。

特に感情的な要素や言い回しが必要な文章においては、AIの力だけでは難しいです。AIに感情はないため、感情を込めた文章は人の手で書く必要があります。

また、ツールによっては学習データやモデルの品質が低いことがあり、質が低くなることがあるため、人の手で情報などを加えていく事が必要です。

ただ、世界中の研究者が文章の品質向上のために研究していることでもあるので、質の高い記事が作成できるようになるのは、時間の問題だと思われます。

オリジナリティが失われる

AIは大量のデータを学習することで文章を生成するため、同じテーマやキーワードに関しては似たような内容の記事が作成される傾向があります。

そのため、オリジナリティや独自性のある記事を求める場合には限定的な活用に留めましょう。あまりにもAIに頼りすぎるとGoogleからの評価が悪くなり、ペナルティーの対象となるかもしれません。

AIによる記事作成自体が悪いことではないのですが、ライバルサイトと酷似してしまったり、著しく質が悪かったりすると、検索順位が下がりやすくなってしまいます。

そのため、AIに頼りすぎず、人間の手でも記事の作成をしっかり行わなければいけません。

AIで記事を作成する際のポイント4つ

AIで記事を作成する際のポイント4つ

AIで記事作成をする際のポイントがこちらです。

  • プロンプトを明確にする
  • 記事作成後に必ずリライトを行う
  • 独自の要素(オリジナリティ)を追加する
  • 自分でSEO対策を行う

AIは使い方次第で、記事のクオリティーが変わってきます。そのため、記事作成のポイントをしっかりチェックしましょう。

プロンプトを明確にする

AIで記事作成をする際は、プロンプトを明確にすることが大切です。プロンプトとは、AIへの指示や質問のことを指します。

AIに前提条件や参考URLなどを与えることで、より精度の高い情報が得られ、プロンプトに従った記事作成が可能になるのです。

プロンプトを明確にしなければ、情報が曖昧になったり、抽象的な内容の記事になりやすくなる可能性が高くなります。AIを活用するならば、事前にどんな記事を作成してもらいたいのか考えるなどの準備を行いましょう。

記事作成後に必ずリライトを行う

AIによる記事作成は、文章がわかりづらくなっていたり、情報が古いものだったりします。そのため、記事作成後は、リライトが必須です。

リライトとは、文章を作り直したり、情報を更新する作業のことです。本文をわかりやすくすることで、読者やGoogleからの評価が上がりやすくなるでしょう。

また、箇条書きや表にまとめることでわかりやすくなることもあるので、どうすればわかりやすい記事になるのかを意識してチェックを行ってください。

さらに、本文だけでなく、見出しやタイトルなども見直し、最適なものへの修正が重要です。AIに頼り切らず、自分自身で最終チェックを行いましょう。

独自の要素(オリジナリティー)を追加する

AIは、すでに書かれている記事の情報などから記事作成を行うので、独自性がない記事となってしまいます。オリジナリティーのない記事は、Googleから評価されないので上位表示が難しいです。

オリジナリティーは、SEOにおいて重要なポイントの1つなので、AIに記事作成してもらってから、独自の情報を入れましょう。

独自の情報とは、筆者の主張や経験談、専門家の意見などになります。主張と経験談が入れやすいと思いますので、記事のクオリティーを上げるためにも独自の情報を追加しましょう。

自分でSEO対策を行う

AIは、あくまでも記事を作成するだけなので、細かいSEO対策には対応してくれません。そのため、SEO対策は自分で行う必要があります。

具体的なSEO対策とは、内部リンクの設置やパーマリンクの設定、メダディスクリプションの設定などです。SEO対策は難しいものも多いですが、自分で簡単にできるものも多いので、できる限りは行いましょう。

SEO対策をすることによって、上位表示される可能性が高まるので、少しでもできることはやっておいて損はしません。

SEO対策の内部対策については、以下の記事を公開しておりますので、読んで参考にしていただければと思います。

まとめ

まとめ

この記事では、AIで記事作成が行えるおすすめのツールやAIを利用するメリット・デメリットを書いてきました。

AIはとても便利なツールで、現時点でも記事作成に使用可能です。しかし、まだまだ発展途上で情報が古かったり、似たような記事しか作れないなどの弱点があります。

あくまでもAIは、文章のヒントや記事構成の作成、情報がメインの記事作成など適した場面で使用することが望ましいです。上手くAIを活用して仕事を効率化し、自由に使える時間を増やしていきましょう。