AIライティング Webライター ライティング

WebライターがAIに仕事を奪われないためには?AIの活用方法を紹介

「AIによってWebライターの仕事は奪われる?」

「WebライターがAIを使いこなす方法を知りたい」

上記のような疑問をお持ちの方もいるでしょう。

結論、Webライターの仕事の中にはAIに仕事を奪われるものもあります。一方、AIを活用しながら執筆することで、クライアントから評価されるライターとなるでしょう。

今回の記事では、WebライターがAIに仕事を奪われないための方法を解説します。Webライターとして活躍した方はぜひ参考にしてください。

WebライターはAIに仕事を奪われる?

結論として、Webライターの仕事の中でAIに任せた方が良いものがいくつかあります。そのため、AIに仕事を奪われるライターもいるでしょう。

ただし、AIにできない仕事もあります。AIでは対応できない仕事を積極的に行うことでWebライターとして活躍できる可能性が高まります。

AIにできる仕事は全て奪われる可能性がある

AIが対応できるWebライターの仕事は全て奪われる可能性があります。なぜなら、AIに任せた方が「早く・コストもかからない」からです。

現在のAIツールでは、以下の業務に対応できます。

  • タイトル・見出し案の作成
  • 簡易的な記事の執筆
  • 記事の要約
  • 情報収集
ChatGPTの編集画面
出典:ChatGPT

上記画像のように、簡単なリサーチや執筆であれば、AIツールが数秒〜1分程度で文章を作成します。そのため、Webライターが執筆した記事のクオリティが高くはない場合は、AIに任せた方が早いでしょう。

AIにできない付加価値(スキル)を身につけることが重要

Webライターが今後生き残るためには、AIにできないスキルを習得する必要があります。AIができないことは人の手を使わなければいけないため、仕事としての需要が高いです。

例えば、以下のような記事は、AIのみで対応するのが難しいといわれています。

  • クオリティの高い文章を作成する
  • オリジナリティ(独自性)のある記事を作成する
  • 正しい日本語が使われている記事
  • 読みやすい記事

SEOで上位を獲得するには、上記のような記事を作成する必要があります。そのため、AIに奪われる仕事はあっても、記事のクオリティを上げる人は必要とされやすいでしょう。

AIに仕事を奪われるWebライターの特徴は3つ

AIに仕事を奪われるWebライターの特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • ライティング力が低い
  • 他の記事の内容をまとめるだけになっている
  • 執筆が遅い

他の記事をまとめただけの低クオリティな記事の場合は、AIに任せた方が低コストかつ高速で作成してくれます。そのため、Webライターとしては必要とされないでしょう。

ライティング力が低い

ライティング力がAIを下回るなら、Webライターは必要ありません。AIに任せた方がコストと時間を削減できます。

「ライティング力が低い」とは「わかりやすい文章が書けていない」ということです。具体的には、以下のような事例が該当します。

  • 文章が論理的な構造になっていない
  • 日本語が不自然
  • 冗長な表現が多い

Webライターとして身につけなければいけないスキルはたくさんあります。しかし、AIに負けない記事を作るためには、ライティング力を磨く必要があるでしょう。

他の記事の内容をまとめるだけになっている

他の記事をまとめただけの文章はAIが得意とする分野です。内容をまとめるだけであればAIが数秒〜数分で対応してくれます。

また、そもそも他の記事の内容をまとめただけの記事はSEO的に評価を受けにくいです。そのため、AIに関わらず他のライターに仕事を奪われる可能性があるでしょう。

つまり、他の記事にはないオリジナルの情報を執筆できるWebライターが重宝されるということです。

執筆が遅い

あまりにも執筆が遅いライターは、仕事を奪われる可能性があります。AIの執筆スピードは数秒や数分程度です。執筆の遅いライターよりも、すぐ記事を作成するAIの方が重宝されます。

クライアントの中には、納期を重視する方がほとんどです。そのため、納期に間に合わないライターを採用する価値がありません。

納期についてはクライアントによって異なります。少なくとも、提示された納期を守れるようなライターになることが重要でしょう。

AIに仕事を奪われないWebライターの特徴は5つ

AIに仕事を奪われないWebライターの特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • 読者のニーズにあった文章が書ける
  • 読みやすい文章が書ける
  • 自身の体験・経験を取り入れた記事を作れる
  • ライティング以外のスキルを持っている
  • AIを使いこなして記事を作れる

上記の5つができるライターはAIに仕事を奪われないだけでなく、クライアントからの評価も上がります。そのため、単価アップも見込めるでしょう。

読者のニーズにあった文章が書ける

潜在ニーズと顕在ニーズの違い

読者のニーズに応えられる文章を作成可能なライターは、クライアントから重宝されます。

AIはWeb上の情報をまとめるのが得意な一方で、読者のニーズを読み取って文章を作成することが難しいです。事前に指示(プロンプト)を与えることでニーズに添った文章作成が可能ですが、ライターが書いた方が適している場合もあります。

「読者のニーズにあった文章」とは「読者が抱えている疑問を解決できる文章」のことです。KWごとに読者が抱えている疑問を洗い出し、解決できるような記事にすることが理想となります。

読みやすい文章が書ける

AIの文章は不自然なものが多いため、読みやすい文章を書けるWebライターは重宝されます。

ChatGPTで記事の文章を作成
出典:ChatGPT

上記は「ChatGPT」で生成した文章です。端的に情報がまとめられている一方で、少しわかりにくい印象を受けるでしょう。

読者が内容を理解できなければ質の高い記事とは言えないため、読みやすい文章を書けるライターが重宝されます。「読みやすい文章」とは、以下の工夫がされていることをいいます。

  • 正しい日本語・文法で表現する
  • 箇条書きや表などを使って説明している
  • 専門用語をわかりやすく説明する
  • 冗長な表現を避けてシンプルに表現している

上記のポイントをおさえているライターは、記事のクオリティが高いです。そのため、高単価で仕事を受けやすくなるでしょう。

自身の体験・経験を取り入れた記事を作れる

自分の体験を取り入れた記事は、SEOに良い影響を与えます。Googleが提示する「品質評価ガイドライン」の「E-E-A-T」では、経験(Experience)が高く評価されると記載しています。

E-E-A-Tとは

AIは自身の体験や経験を踏まえて記事を執筆できません。一方で、Webライターは、自身の経験に基づく情報を提供できるので、差別化の要素となります。

この記事でも、実際にChatGPTなどのAIツールを使用することで「AIに何ができるか?」を深掘りしています。

ライティング以外のスキルを持っている

AIにはできないライティング以外のスキルがあれば、その分野で活躍できます。ライティング以外のスキルとは具体的に以下のことが挙げられます。

  • ワードプレスへの記事入稿
  • 編集、ディレクター
  • 校正・校閲
    ※AIが対応できる場合もある
  • デザイン、画像作成
    ※AIが対応できる場合もある

Webライター以外にもできる仕事が増えると、同じクライアントから別の業務を依頼されることもあります。そのため、スキルを増やすことは仕事の幅を広げるためにも重要です。

AIを使いこなして記事を作れる

AIにできることは任せて、AIにできないことを専門に行うライターは重宝されやすいです。これは、AIだけでは質の高い記事を作成できないことが理由として挙げられます。

つまり「AIを運用しながら、付加価値を追加していく」作業が必要です。具体的には、以下のようなことを行います。

AIに任せること自分でやること
簡単な記事の作成
(タイトル・構成なども含む)情報収集
AIが作成したコンテンツの確認校正・校閲作業独自性の追加

上記のような進め方だと、クオリティの高い記事を短い時間で作成できるようになります。

WebライターがAIを上手に使いこなす5つの方法

ライターとAIが協力することで、より効率的にクオリティの高い記事を作成可能です。具体的なAIの活用方法については、以下の5つが挙げられます。

  • タイトルや見出し案を考えてもらう
  • おおまかな情報収集や執筆をしてもらう
  • AIが執筆した情報に間違いがないか確認する
  • AIが執筆した文章を見直す
  • 追加できる情報がないか考える

AIを使いこなして記事を作成することで、記事のクオリティを上げつつ作業時間を短縮できます。そのため、クライアントから重宝されるライターになれるでしょう。

タイトルや見出し案を考えてもらう

タイトルや構成の作成が必要な場合は、AIツールに案を出してもらうのも1つの活用方法です。AIに案を考えてもらうことで、リサーチにかかる時間を短縮できます。

ChatGPTでタイトルを生成
出典:ChatGPT

例えば、ChatGPTでは「プロンプト(指示)」を与えることで、より具体的な案を出してくれます。上記画像は「32文字程度」「Google検索結果を参考に」「10個作成する」という3つのプロンプトを元に、タイトル案を生成してもらいました。

ただし、AIツールで生成したタイトルや構成は、コンテンツとしては不十分な可能性があります。自分の目で確認して、改善を加えることが望ましいでしょう。

おおまかな情報収集や執筆をしてもらう

通常のライティングでは、最初にリサーチを行い執筆します。しかし、AIにリサーチや執筆を任せることで、時間を短縮できます。

ChatGPTを用いたリサーチ方法
出典:ChatGPT

上記では「SEO(検索エンジン最適化)」についてリサーチした結果です。言葉の意味から具体例まで説明してくれるので、リサーチにかかる時間を削減できます。この内容を一部執筆内容に取り入れるのも良いでしょう。

ただし、AIツールで生成した情報の精度は100%ではありません。そのため、細かい情報収集や専門的な分野の執筆は自分で行った方が良い場合もあります。

AIが執筆した情報に間違いがないか確認する

AIツールで生成した情報の精度は100%ではないため、人の目を通して確認する必要があります。いわゆる「ファクトチェック(事実確認)」です。

万が一執筆された情報に間違いがあった場合、メディアの信頼性を失うこととなります。過去には、不正確な情報発信によってサイトが閉鎖した「WELQ騒動」という事例もありました。

また、執筆された文章が著作権違反に該当していないか確認することも重要です。コピペチェックツールなども活用しましょう。

AIが執筆した文章を見直す

AIが生成した文章は不自然なものや、冗長なものがあります。わかりにくい文章をシンプルに手直しするのが「ライターの作業」です。

文章を修正する作業ではツールも活用しましょう。例えば、Googleドキュメントにはスペルのミスや文法の間違いを簡易的にチェックする機能があります。

Googleドキュメントの校正機能
出典:Googleドキュメント

最後は人の目で確認する必要がありますが、時間短縮のためにもツールを活用しましょう。

追加できる情報がないか考える

AIが作成した文章で足りない情報があれば、ライター自身の手で執筆する必要があります。加筆作業は、記事のクオリティを上げるために重要です。

読者のニーズを深堀りすることで、現在不足している情報がわかります。また、競合サイトを調査し、情報を網羅するとクオリティを上げられるでしょう。

WebライターにおすすめのAIライティングツール4選

ここからは、WebライターにおすすめのAIライティングツールとして、以下の3つを紹介します。

  • AI Writer
    構成作成やタイトル作成も可能
    キーワードの分析機能が利用できる
  • ChatGPT
    条件(プロンプト)を細かく設定したい場合におすすめ
    情報収集にも役立つ
  • Catchy
    記事を丸ごと作成したい場合に役立つツール
  • Notion AI
    翻訳・要約が便利なツール
    文章の校正にもおすすめ

それぞれのツールで特徴が異なるため、複数使い分けることもおすすめです。

AI Writer

AI Writer
出典:AI Writer
料金ベーシック:1,900円(税込)
スタンダード:4,900円(税込)
プロプラン:9,800円(税込)
カスタマイズ:要相談
※7日間の無料トライアルあり
特徴構成作成や本文執筆も可能
KWの分析機能も利用できる
機能の制限ベーシック:5記事
スタンダード:20記事
プロプラン:60記事
カスタマイズ:60記事〜
日本語対応
公式サイトAI Writer公式サイト

AI Writerはキーワードを入力し、条件をいくつか選択するだけで記事を丸ごと作成できるAIツールです。

他の記事作成ツールと異なる点は「キーワードの分析」が可能なことです。キーワードごとに「難易度」「検索ボリューム」「キーワードサジェスト」「上位記事サイト」の4つが一目でわかるように設計されています。

基本プランは全て有料ですが、7日間の無料トライアルでは5記事分の機能が利用可能です。分析しながら記事を作成したい方はぜひ利用してみましょう。

ChatGPT

ChatGPT
出典:ChatGPT
料金GPT3.5:無料
GPT4:20ドル/月
特徴質問を入力すると答えてくれる
文字数制限GPT3.5:約2,000文字
GPT4:約4,000文字
日本語対応
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTはAIツールの元祖とも言えるツールです。質問や条件にしたがって、適切な回答をしてくれる点が特徴。質問の際にいくつか条件をつけることで、より詳細な回答が得られます。

つまり、記事の執筆だけでなく情報収集やタイトル案・構成案など、幅広い用途で利用可能です。より高度な機能が利用できる「GPT4」は月額20ドルですが、情報の精度や機能が拡充しています。

Catchy

Catchy
出典:Catchy
料金Free:無料
Starter:3,000〜8,100円(税抜)/月
Pro:9,800円(税抜)/月
Enterprise:要お問い合わせ
特徴機能ごとにクレジットを使用し生成する
生成可能な項目は100種類以上
機能の制限Free:10クレジット/月
Starter:100〜300クレジット/月
Pro:無制限
Enterprise:無制限
日本語対応
公式サイトCatchy公式サイト

Catchyは記事の執筆だけでなく、タイトルやキャッチコピーの作成など100種類以上の機能が備わったAI生成ツールです。機能を利用するたびにクレジットを消費する仕組みを採用しています。

無料プランでは毎月10クレジットがもらえます。記事作成には最低でも4クレジットかかるため、月に1〜2本程度の執筆が可能です。無料プランを利用してみてより多くの記事を生成したいと感じたら有料プランへ切り替えるのがよいでしょう。

Notion AI

Notion AI
出典:Notion AI
料金10ドル/月
※無料トライアルあり
特徴「Notion」のツール上で文章を生成する
校正や文法チェックなども可能
文字数制限なし
日本語対応
公式サイトNotion AI公式サイト

「Notion AI」とは、ドキュメントツール「Notion」上で使用できるAI生成ツールです。文章作成はもちろん、校正・要約などの機能も備わっています。

記事作成ツールではないため、構成〜本文まで一度に作成するのは難しいですが、要約や翻訳機能が便利です。そのため、情報収集等の目的で活用しやすいツールといえます。

WebライターとAIの将来性について

「Webライター」という仕事に将来性があるのか気になるという方もいるでしょう。Webライターの仕事はAIが登場したことで、次の2つに分かれる可能性があります。

  • AIを活用しながらライティングを行う人
  • AIには作れないクオリティの高い記事を作成する人

そのため「AIを活用するスキルを身につける」もしくは「AIに負けない専門的な知識を身につける」必要があるでしょう。

AIができることは増えていく

前提として、AIはまだまだ発展途上を続けています。現時点でできることは限られていますが、今後さまざまな機能に対応するでしょう。

AIにできることはWebライターが行う必要はないため、仕事自体が少なくなる可能性があります。

Webライターが減ってもAIを使いこなす人は必要

AIの発展によってWebライターの仕事は減る可能性がある一方で、新たに「AIを使う人」が必要となります。

例えば、AIで作成した記事にはチェックが必要です。また、細かい修正も行わなければいけないため、Webライターが活躍できる機会はあるでしょう。

結論として、AIを活用しながら記事を作成するライターは今後も需要が高くなるといえます。

クオリティの高い記事を書けるライターは残り続ける

「AIを全く使わない」というライターでもクオリティの高い人は残り続けます。なぜなら、クオリティの高い記事はAIだけでは作れないからです。

クオリティの高いライターに今後求められるのは、以下の2点が挙げられます。

  • 専門的な知識がある
  • 読者のニーズを満たした記事を執筆できる

例えば、FP1級の資格を保有している方が「クレジットカードの選び方」について、独自の知見を交えて執筆した記事は、高いクオリティであることがわかるでしょう。

AIに負けない記事を作るためには、ライティングスキルだけでなく専門的な知識を身につけることが重要です。

まとめ

AIは近年急速に発展しているため、今後Webライターの仕事が奪われる可能性があります。

その一方で、AIを使いながらクオリティの高い記事を作成するライターはクライアントから重宝されるでしょう。また、専門的な知識を持っている方であれば、AIに負けない記事を作ることが可能です。

つまり、AIにできないことを行えるWebライターになる必要があります。そのためには、スキルや専門的な知識を身につけるとよいでしょう。

-AIライティング, Webライター, ライティング