コピーライティング

初めてでも分かる!コピーライティングに興味がある人必見!名作5選

コピーライティングは、商品のイメージアップや、認知度の向上を目的としたライティングの技術です。フレーズの繰り返しや、印象的なキャッチフレーズなどで商品の魅力を伝えます。

しかし、初めてコピーライティングに触れる方は、言葉選びに苦労するかもしれません。

本記事では、初心者でも理解しやすい名作コピーライティングの例を厳選しました。名作を通じて、効果的な文章の構成や魅力的なキャッチフレーズの作り方を学べます。

コピーライティングに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

コピーライティング名作1. 『ビールは、キリン一番搾り』

コピーライティング名作1. 『ビールは、キリン一番搾り』

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?なぜこれほどまでに魅力的で記憶に残るのかを解説します。

キャッチコピーの魅力

「一番搾り」というキャッチコピーは、生ビールの美味しさを最大限に表現しています。ビールというのは、搾って新しい酸素を加えながらフレッシュな味わいになるため、その魅力は計り知れません。

「一番搾り」とはその最初の一杯を表す言葉であり、この一杯が何よりも新鮮で上質な味わいを持つという印象が与えられるのです。単純明快な言葉でありながら、ビールの魅力を最大限に表現しているため、ビール愛好家たちから高い評価を受けています。

「一番搾り」というキャッチコピーが表現する新鮮で上質な味わいは、ビール好きなら誰もが一度は味わってみたいと思うものなのでしょう。

カッコいいCMの秘密

「シャープに搾る男のコンセプト」というキャンペーンにおいては、男らしいキャラクターがCMに登場し、ビールの注ぎ方に焦点を合わせたインパクトのある音や映像が繰り広げられます。

CMの特徴は、口語的な言葉を駆使しながら「一番搾り」というキーワードを繰り返して、視聴者に印象的なメッセージを伝える点にあります。

キーワードを繰り返すという技法によって、商品名を視聴者の記憶に深く刻めました。シャープさと男らしさを併せ持つコンセプトは、CM業界においても高い評価を受けています。

繰り返されるフレーズとその効果

「一番搾り」という言葉をCMや広告などで繰り返し使うと、商品名が印象に残りやすく、ブランド認知度が高まるという効果があります。同じ言葉を使って、視聴者の疑問や不安を解消する効果があるのです。

「一番搾り」というフレーズが生命力や実力を表しているため、高品質なビールというイメージを与えられました。

「一番搾り」という言葉は、商品のイメージを強化する上で非常に有効なツールです。ビールメーカーにとっても重要なアイデンティティとなっています。

今後も、多くの人々に愛されるビールを提供し続け、ビールメーカーの成長を促し、市場競争に勝利できるでしょう。

コピーライティング名作2. 『選べるプレミアムモルツ』

コピーライティング名作2. 『選べるプレミアムモルツ』

選べるという響きは、ビール愛好家たちにとって一種の幸せな選択肢を与えてくれるのではないでしょうか?その魅力と成功の秘訣を解説します。

引用の活用方法

「選べるプレミアムモルツ」は、日本が誇るビールメーカー、サントリーのビールブランドの1つとして、多くのビール愛好家から支持を集めています。商品が人気を博する理由は、その名の通り、選べる味の数が豊富だからです。様々なシチュエーションに合わせた味わいを提供できるため、飲む人の好みに合わせたビール選びが可能になります。

商品が人気を集めるもう一つの理由は、引用を使った広告戦略にあるのです。キャッチコピーには「選べるのは、プレミアムだけだ。」という文言が用いられ、そのフレーズには、選ぶ重要性に対する強いアピールが含まれています。一緒に使われるイメージも、プレミアムなビールとしての品質や風味を演出しており、消費者の心をつかんでいるのです。

「選べるプレミアムモルツ」は、多彩な味わいと緻密な広告戦略によって、多くのビール愛好家に支持される存在となっています。どんな場面でも楽しめる、選ぶ楽しみを提供するビールとして、今後もさらなる人気を集められそうです。

商品自体を広告する手法

「選べるプレミアムモルツ」は、その商品自体が広告の対象となっているため、多岐にわたる味わいが広告や販促に活かされています。

例えば、季節限定で販売される味わいを展開したり、あえて苦味を強調したスタウトのような、ニッチなパレットをファンに向けて提供し、ニーズに応えているのです。

他にも、「選べるプレミアムモルツ」は、様々な飲み方に合わせた味わいを提供しています。ビール好きの方にとって、食事に合わせた味わいや、あるいは食前酒や食後酒にぴったりの味わいを選べるというのは、非常に魅力的なポイントです。

「選べるプレミアムモルツ」は、多彩な味わいを展開し、商品自体を広告にする手法で、魅力を伝えています。

スローガンの重要性

「選べるプレミアムモルツ」という商品には、スローガンが設定されていないのはご存知でしょうか?しかしながら、この商品名自体がスローガンの役割を果たしています。

商品名には「選べる」というワードが含まれており、その特徴を直接アピールしているからです。ブランド名自体が、商品の魅力をストレートに伝えられるため、宣伝効果の高さがあります。

「選べるプレミアムモルツ」は、商品自体が広告の対象となり、選ぶ楽しさや自由さを訴求しているのです。引用をうまく活用し、魅力的な広告戦略を展開しています。

自由自在な選択ができるという点から、多様な消費者のニーズに応えられるのです。商品の特徴を的確に伝え、消費者の関心を引きつけられるため、広告効果も大きいでしょう。

コピーライティング名作3. 『男の一本芯』

コピーライティング名作3. 『男の一本芯』

ボールペンの芯を擬人化した意味や、魅力を解き明かします。

キャラクターの設定と魅力

「男の一本芯」とは、ボールペンの芯を擬人化したキャラクターを使用した広告キャンペーンです。芯が直線的でなければ字を書けないため、一本芯は真っ直ぐで誇り高いことが特徴とされ、正確性や精度は、ボールペンの書き味に欠かせない要素として、多くの人々に愛されています。

一本芯は、キャラクター自体がかわいらしく、若者を中心に支持が高く、その愛くるしさによって、多くの人々からの共感を得ているのです。

単純でありながら、深い哲学的意味を持っているのも、魅力の一つと言えます。真っ直ぐなのは、人生においても大切であり、一本芯は、その真っ直ぐさを体現しているのです。

一本芯は、かわいらしさと哲学的意味、そして、ボールペンにとって欠かせない存在のため、多くの広告キャンペーンで使用され、その存在感を示しています。多くの人々に愛されるキャラクターとして、今後も存在感を増していくでしょう。

ターゲット層へのアピール方法

一本芯とは、ペンや鉛筆の芯であり、その直線的な形状が、自己主張や誇り高さを象徴しています。同様に直線的な考え方をもつ若者たちにアピールできるので、大学生や社会人を対象とした広告には、よく「一本芯」が登場するのです。

自分たちが抱える課題に取り組む中で、真っ直ぐに進む重要性を強く意識している若者たちには「男の一本芯」というキャラクターが、特に共感を集めているのでしょう。

真っ直ぐに進むことが、自分自身の成長や社会貢献につながると考える彼らにとって「男の一本芯」は、強いパートナーとなり得るのかもしれません。

独自性の出し方

多くのボールペンのCMは、スムーズな書き心地やインクの色あい、書きやすさなど、製品の機能をアピールします。

しかし『男の一本芯』は、ボールペンの芯というごく普通の製品を、独自のキャラクターで個性づけし、他社との差別化を図っているのです。

独自のキャラクターとは「男の一本芯」という名前の通り、強い男性的なイメージを持ち、書き心地はもちろん、その芯の強さと直線的な考え方をアピールしています。

広告の世界において、一本芯の直線的な考え方を応用し、独自のメッセージを発信しているのです。男性たちに自分らしさを持つ大切さや、目標に向かって正しい方向性を持つ重要性を伝えています。

『男の一本芯』が展開するキャンペーンは、非常に独自性が強く、他社との差別化を図るだけでなく、メッセージ性も高いため、多くの人々から支持を受け、広告業界でも注目を浴びているのです。

コピーライティング名作4. 『LIPS』

コピーライティング名作4. 『LIPS』

LIPSの魅力を、メッセージやキャッチフレーズから紐解きます。

言葉選びの重要性

LIPSは、女性の美しさを追求するブランドとして、口紅を中心に展開しているブランドです。一般的な美容関連の宣伝とは異なり、独自のキャッチフレーズで知られています。「男好きするような色気が女を輝かせる」というセンテンスです。

LIPSのキャッチフレーズには、女性が持つ色気や魅力を強調するための言葉選びが含まれています。男性が好むような色気という表現は、女性が自分自身を美しく魅力的に見せられる方法を示唆しているのです。その色気が、女性の美しさを輝かせます。

LIPSのキャッチフレーズは、商品そのものの魅力を引き立てるものです。女性が自分自身を愛し、自分自身で選んだ口紅やメイクを楽しめるよう、常に新しい商品を開発しています。LIPSの商品は、女性の美しさを輝かせるための最高のものなのです。

インパクトのあるメッセージの作り方

LIPSのCMは、単にキャッチフレーズを伝えるだけでなく、女性たちが自分自身を大胆に表現し、セクシーなイメージを持てるという刺激的なメッセージを伝えています。メッセージはまさに、女性たちが自分自身を愛し、自信を持てるようにサポートするために存在しているのです。

LIPSは、口紅を通じて女性たちに自分自身を表現するよう促し、それによって彼女たちの自信と魅力を引き出せるようにしています。LIPSのCMに出演する女性たちは、自分自身を意識して自信を持ち、魅力的にアピールして、LIPSのブランドイメージを確立させているのです。

女性たちがLIPSの口紅を使って、自分自身を表現し、自信を持てるというメッセージは、多くの女性たちにとって、非常に魅力的であり、心を打つものとなっています。LIPSは、女性たちが自分自身を愛し、自信を持てるよう、常にサポートし続けていくでしょう。

キャッチフレーズの絶妙なバランス感覚

LIPSの魅力は、言葉選びによるインパクトを追求することです。彼らのキャッチフレーズは、印象的で鮮烈なものとなっています。

しかし、LIPSが成功を収めていたCMの改良において、言葉選びだけではなく、表現の微調整も欠かせない要素です。口紅のイメージやコンセプトに合わせて微調整するのが、より魅力的なCMを作り出す上で重要となります。

例えば、エレガントで上品な口紅を宣伝する場合、美しい女性が優雅に口紅を塗る様子を映像化すれば、商品のイメージをより強く印象づけられるでしょう。

逆に、ポップでカジュアルな口紅を宣伝する場合には、明るく元気な音楽やビジュアルを強調すれば、若い女性たちの心をつかめるのではないでしょうか。

言葉選びと表現の微調整を両立させると、より効果的なCMを作り出せます。LIPSが目指す「言葉選びによるインパクト」というコンセプトをより深く、そしてより広く伝えられるのです。

コピーライティング名作5. 『とんがりコーン』

コピーライティング名作5. 『とんがりコーン』

美味しさと楽しさが詰まった、コピーの力を解き明かします。

共感性の高いストーリーの作り方

「とんがりコーン」は、1970年に誕生したスナック菓子です。商品名の「とんがり」は、コーンの形状が斜めに尖っているところからきています。商品の魅力は、シンプルな味わいと、小腹がすいたときに手軽に食べられる点です。

ところが、単なる味わいの良さだけで商品を売り出すわけにはいきません。そこで、とんがりコーンは「小腹がすいたときの救世主」として売り出されるようになります。

CMでは、学校帰りの子どもたちが疲れ果て、お腹が空いている様子が描かれました。とんがりコーンを食べて元気を取り戻し、強くなるというストーリーが展開されます。

CMのストーリーは、多くの人が共感するものでした。学校で疲れた子どもたちや、お仕事で疲れたサラリーマンたち、スポーツ後に小腹が空いたスポーツマンたちなど、多種多様な人々がとんがりコーンを手にするようになったのです。

鮮明なイメージで覚えやすいCM

「とんがりコーン」を記憶に残る商品にするために、CMは大切な役割を果たしました。1973年頃のCMでは、オレンジ色や水色の背景に子どもたちがかわいらしいダンスを踊りながら「とんがりコーンはおいしいなぁ」と歌うシンプルなものでした。

ところが1980年代に入ると、画期的なCMが生まれます。CMでは、とんがりコーンを食べる子どもたちの目の前で、トンガリアンというキャラクターがどこまでもとんがり続ける様子が描かれました。トンガリアンが最後には空を飛ぶように飛び去っていく映像がとてもインパクトがあり、視聴者の記憶に残るものとなりました。

シンプルなコピーでも伝わるメッセージ

最後に、とんがりコーンのコピーについてご紹介しましょう。「とんがりコーン、おいしさカーニバル」というCMソングは、耳に残るフレーズとして記憶されています。

とんがりコーンは「カーニバル」という言葉を使って、フェスティバルのような、お祭り騒ぎの雰囲気を持っているように見せているのです。カーニバルは、楽しい、賑やかという意味があるため、とんがりコーンでカーニバルを表現して「おいしさ」という単語以上の楽しさを語っているとも取れます。

とんがりコーンは、これまでのCMでもすでに多くのファンを獲得していますが、今後もどんなキャラクターやストーリー、コピーが生まれるか期待したいです。

まとめ

まとめ

コピーライティングは、商品やサービスを魅力的に伝える技術です。効果的な文章やキャッチフレーズを使うのが重要となります。

初心者でも取り入れやすい技法としては、フレーズの繰り返しや、共感性の高いストーリーを作る方法が有効です。シンプルなコピーでもメッセージを伝えられます。短い文やシンプルな言葉を使い、要点を明確に伝えて、相手に素早く理解されやすくなるのです。

コピーライティングを始める際には、ぜひ言葉選びを大切にして、ご紹介した名作も参考にしてみてください。

-コピーライティング